S-Fマガジン 2014年 11月号 [雑誌]

S-Fマガジン 2014年 11月号 [雑誌]の感想・レビュー(49)

「パパの楽園」…こういうお話好き
- コメント(0) - 2015年8月28日

はじめて読みました、SFマガジン。サイバーパンクってあまり好きではないけど、読んでみれば、なかなか楽しめるもんだな、と思った。SFマガジン読んで思ったのは、自分が読みたいSFとSFファンが読みたいSFにはかなり隔たりがありそうだということ。他の号も読んでみないと分からないけど。
- コメント(0) - 2015年5月3日

エッセイに謎の山田悠介推し…。
- コメント(0) - 2014年11月30日

一ページ目のマンガ(駅が浮かぶマンガ)を誰か解説してほしい。「みんなの駅のイメージがーーー」というコマが重要なのはわかるけど、何十回読んでも理解できない・・・。
- コメント(0) - 2014年11月29日

サイコパスのスピンオフ小説読了。アニメでは語られなかったストーリーが読めて面白い。今号は前編で後編につながる展開だか、興味をそそられる内容で、六合塚の過去を知れる。
★2 - コメント(0) - 2014年11月25日

やっぱり好きだわサイバーパンク
★2 - コメント(0) - 2014年11月20日

タイムマシンが発明されたら「時間SF」「歴史改変SF」というジャンルもなくなるのかな。ラメズ・ナムは面白かった、amazonにお勧めされるものが自分のほしいものとなる時代が来るというのか
★1 - コメント(0) - 2014年11月5日

野尻抱介の「沈黙のフライバイ」が、大阪市立科学館でプラネタリウムSFドラマとして映像化されていたとは。
★23 - コメント(0) - 2014年10月30日

リアルタイムではサイバーパンクってジャンルが得意ではなかった.浸透拡散し死語となった今・・・私も年をとったなぁと. 怨讐星域最終回と知って,あぁ回顧録的に締めくくるのかなぁと想像してたらその通りだったんでちょっと笑った.ちょっとあっけなかった気がする. そしてサイコパス外伝.百合美味しい美味しい!
★4 - コメント(0) - 2014年10月22日

パンク・ロックは七十年代に終わってはいた。 だけど、八十年代にもパンク・ロックを受け継がれていた。
★2 - コメント(0) - 2014年10月10日

表紙をふんわり眺めて三日たった・・・(かわええ)。本当は特集『30年目のサイバーパンク』の評論/ガイドが目的。PSYCHO-PASSは後編出るまで我慢だよ。ゆったり読んでたら漫画『と、ある日のお弁当』にスパァっと斬られた涙腺。むかし玉子焼きをとられた記憶が蘇る。お弁当は渡さない!お母さんが作ってくれたお弁当。お母さんは作ってくれて。。あぁ。
★5 - コメント(0) - 2014年10月6日

ニューロマンサーからもう30年ですか。結構昔のことなんですね。当時はずいぶん興奮したものです。コンテンツガイドにスキズマトリックスがなかったのはちょっと残念。
★3 - コメント(0) - 2014年10月5日

特集がサイバーパンク!『パパの楽園』での「健康な精神は至高の宝」という所がぞっとしたな・・・。笑顔だらけで苦もない世界は偽りだったという怖さと虚しさ、その虚しさを終わらせるために「死」を選ぶしかなかったのに待っていたのは・・・というのは無限の幸福か、地獄か、解釈が分かれそう。『水』のCM地獄は、この読書メーターやYou-Tubeなどでの広告の多さという「現実感」と、ディックの『CM地獄』という「フィクション」が入り混じって嫌な汗が流れました。個人的には『ニンジャスレイヤー』がサイバーパンク入りで嬉しいです
★40 - コメント(6) - 2014年10月4日

サイバーパンク特集。でもサパ目当てで買ったのではない。ホーガンを読んでる内に「そうだSF読もう」と思ってマガジン最新号を買ったらたまたまこの特集だったわけ。わし、サイバーパンクってピンと来ないんじゃよね。他のSFと区別する意味あんの?とか思ってたら「テクノロジーの発達の果てに人間性の喪失とその肯定」云々とあって、あーそーかとやっと合点がいった。言い替えれば人間性の価値を否定するってことですね。もっかい言い替えればテクノロジーの非人間性を肯定する、と。好きになれそうにないぞ。でもある種の可能性を感じる
★31 - コメント(0) - 2014年9月28日

今回もサイコパス目当て。ビジュアルが公開されたんですね。今回でサイバーパンクの意味を知る。サイコパスもサイバーパンクなんだね。パパの楽園のジェレミーが、最後ね。パパ絶対狂ってるわ。三段階は読み辛いなぁ。
★5 - コメント(0) - 2014年9月28日

今月の特集は、「30年目のサイバーパンク」ウィリアム・ギブスン『ニューロマンサー』の刊行から今年で30年。翻訳は3本。できれば「クローム襲撃」あたりの再掲も欲しかったなぁ。感想はコメント欄で
★10 - コメント(3) - 2014年9月25日

今読んでいるみんな最新5件(6)

11/23:noaoyo
11/22:ユキ
10/28:みなと
10/27:Shichiri

積読中のみんな最新5件(4)

09/25:未然

読みたいと思ったみんな最新5件(6)

11/27:miruz444
09/25:葵衣
09/24:桧山
S-Fマガジン 2014年 11月号 [雑誌]の 評価:69 感想・レビュー:17
ログイン新規登録(無料)