津島家の人びと (1981年)

津島家の人びと (1981年)
219ページ
3登録

津島家の人びとの感想・レビュー(2)

戦前、油の行商と金融業から身を起こした津島家の隆盛と没落が分かりやすく描かれています。前半は同じ名前の人物が頻発するのでやや混乱。家系図が何度も掲載されているお陰で確認できました。太宰については文庫本「人間失格」の最後に解説されていたような内容が記されています。
- コメント(0) - 2014年2月3日

2012年11月14日:

今読んでいるみんな最新5件(1)

02/02:ポチ

朝日新聞社の関連本

津島家の人びとの 評価:100 感想・レビュー:1
ログイン新規登録(無料)