結晶星団 (1973年) (日本SFノヴェルズ)

結晶星団 (1973年) (日本SFノヴェルズ)
276ページ
12登録

結晶星団 (1973年)の感想・レビュー(10)

「タイム・ジャック」目当てて読んでみた。「タイム・ジャック」は筒井康隆風のドタバタ小説。なんとなく桂米朝の「地獄八景亡者戯」を思い出した。「結晶星団」は本格的なSF。本格的すぎて難しくてよく理解できなかった。
- コメント(0) - 2015年8月24日

2014年9月14日:高杉陽一
2012年2月21日:おむ
2012年1月31日:半殻肝
WKY
小松先生の短編集?なんですが、『HAPPY BIRTHDAY TO... 』がイキナリ怖すぎる 『くだんの母』といい、小松先生はホラーも素晴らしい
- コメント(0) - 2011年8月18日

2009年3月20日:電気当番
--/--:Toshiyuki Maeda
--/--:椋太郎
--/--:レンズマン

今読んでいるみんな最新5件(2)

08/16:WKY
03/12:電気当番

小松左京の関連本

結晶星団 (1973年)の 評価:40 感想・レビュー:2
ログイン新規登録(無料)