若きウェルテルの悩み (1951年) (新潮文庫)

若きウェルテルの悩み (1951年)の感想・レビュー(38)

高橋義孝
- コメント(0) - 2016年5月29日

自分の愛読書になるかもしれません、とても好きな小説です。あの想いを永遠にする為に彼は死んだと考えると、とても共感できます。僕の彼女もピストルの埃を払ってくれたなら、ウェルテルのように、死んでいたかもしれません。
★2 - コメント(1) - 2015年10月19日

情熱的な叶わぬ恋に身を捧げて最後には自らを破滅させる若者の一部始終を描いたゲーテの名作。自分は18世紀ドイツの文化や風習には疎いので、それに近いのであろう銀河英雄伝説のゴールデンバウム朝貴族社会のイメージで読み進めるという外道な方法をとってしまった…。
★3 - コメント(0) - 2015年10月7日

2014年9月7日:まー坊
2014年7月19日:harsh
読み終えるのに結構な時間を費やしてしまった。歴史的な作品なので手にとって読んでみるのもいいかもしれませんが、気分が滅入っているときに読むのは避けたほうがいいと思います
- コメント(0) - 2014年5月23日

2013年11月24日:
2013年5月6日:むぎ
2013年2月3日:chiba
2013年1月8日:花月
2012年12月22日:ミチル
ウェルテルの情熱的な恋心、その報われぬ想いに深く共感してしまいました。
- コメント(0) - 2012年9月13日

2012年5月5日:はら
2012年3月29日:ヘイキョー
時代が違いすぎてが全く共感できないのが残念すぎる。が恋煩いが世界で一番深刻な病気というのは本当で、相手を変えることができない状況っていうのは人間にとっては耐えがたい葛藤なんだろう。 身を引き裂かれる思いっていうのか。
★1 - コメント(0) - 2012年2月11日

世界はどのように映るのか。心の透徹を味わえる。
- コメント(0) - 2011年11月14日

2011年7月22日:NIPPER
時代は違えど恋に悩む青年の苦悩のさまは現代と変わらず追うことができる。「天使、かな。―陳腐だ陳腐だ」のところが好き。
★2 - コメント(0) - 2010年12月11日

2010年9月1日:けんた
2010年2月11日:茶之助
2009年10月31日:HKR
2009年10月29日:002toko
2009年10月12日:素甘
2009年10月12日:栖甘
2009年10月9日:
2002年2月21日:桂子
--/--:花ゆず
--/--:piyo
--/--:nekonori
--/--:Teruhito Oomura
--/--:村祭り
--/--:ねこはこね
--/--:four9
--/--:sassy
--/--:utsubo

今読んでいるみんな最新5件(4)

10/03:002toko

積読中のみんな最新5件(4)

12/03:ひばな
10/28:ゆー
01/10:komepei

読みたいと思ったみんな最新5件(1)

01/27:らんらん
若きウェルテルの悩み (1951年)の 評価:42 感想・レビュー:8
ログイン新規登録(無料)