僕だけがいない街(1) (角川コミックス・エース)(Kindle)

僕だけがいない街(1) (角川コミックス・エース)
1ページ
121登録

僕だけがいない街 1巻はこんな本です

僕だけがいない街 1巻の感想・レビュー(108)

★★★☆☆
★2 - コメント(0) - 2016年4月16日

確かに面白そう。
★7 - コメント(0) - 2016年4月1日

無料版にて。アニメを見てるから分かりやすく読めるけど、これ結構取っ付きにくい始まりなのではないかなぁと思う。とは言え、続きの面白さはアニメで分かっているので続き読みたいなぁ。
★10 - コメント(0) - 2016年3月14日

久々にアニメ見て、原作購入に至った作品。 小学生時代へリバイバルするまでだが、アニメでは結構端折られてるのね。 アニメでは物足りなかった部分をしっかり補足出来たので、個人的にはアニメ→原作の順がベストだったのかもしれない。
★1 - コメント(0) - 2016年2月19日

アニメが始まったので、おさらいも兼ねて再読。20年前に戻るまでに丸々1巻使ってたんだな。アニメの1話がずいぶん駆け足気味だなと感じたのはそのせいか。
★6 - コメント(0) - 2016年1月12日

最新刊を読んだのに間が開きすぎて色々わからなくなっちゃったので、1巻から一気に読む。 なるほど。 気づいてなかった伏線がかなりあるな。 一度読んで一気に読みなおすのはかなりよさそう。
★14 - コメント(0) - 2016年1月6日

セールで安かったので、なんとなくポチったら大当たりで、うひゃあ!ってなる。この先どうなんの!?
★9 - コメント(0) - 2015年10月8日

ぱっとしない日常を送る主人公。ほんとにこのマンガ面白いの?という思いはショッキングなできごととタイムスリップにより、うちやぶられる。鉛のように冷たく思い記憶。そういうのは封印されているものなんだろうね。
★10 - コメント(1) - 2015年7月9日

Twitterでちょくちょく面白そうな評判が流れてくるので意を決して全巻購入。 半額くらいだったしね。 内容はタイムループもの。 映画のオール・ユー・ニード・イズ・キルを見たところだし、タイムループもの好きだし。 最初はずいぶん短いスパンのタイムループだなと思って読んでいたが、まあ前振りですね。 1巻の終わりにどデカいタイムループがきて・・・ コレは面白くなりそうな予感。
★8 - コメント(0) - 2015年2月27日

kindleの期間限定無料セールで読んで後に有料で購入。はたしてトゥルーエンドに行けるのか。
★1 - コメント(0) - 2015年1月15日

すげえすげえ
★2 - コメント(0) - 2014年12月31日

「リヴァイバル」が流行りなのか。「All you need is kill」を読んだからそう思うのか。何かが変わるまで同じ過去を繰り返す、売れない漫画家の冴えない青年。他者と距離を置いて、若干コミュニケーション障害っぽいのは、その特殊な体質からなのか…。「笑顔をつくる「理由」が先に無いと他者とのコミュニケーションに「笑顔」を持ち込めなかった」。その距離感は心当たりがなくはない。少年時代に起きた同級生の誘拐事件を時を経て、過去と今を繰り返しながら解決していく。お母さんがトリッキーな性格で好きだな。と。
★2 - コメント(0) - 2014年12月27日

ずっと読みたかった漫画。すっごく面白かった!
★4 - コメント(0) - 2014年12月25日

最近、話題になってるという記事を見て、セールになってたので買って読んでみた。ほぼ前情報なしで、タイトルからは内容がまったく想像できなかったので、読み始めてこういう話だったのかという感じ。序盤は「そこまで話題になるほどか?」という感じだったんだけど、1巻の終盤あたりから確かに続きが気になる展開になってくる。続き読まんといかんね。
★4 - コメント(0) - 2014年10月7日

3巻まで読んだ。とある事件を回避する為に過去に戻って過去を改編するというよくある話。つまらなくはないが、何でこんなに人気になっているのかはわからん。
★2 - コメント(0) - 2014年6月27日

「違和感」でそんな大活躍できるもんなんでしょうか。
★3 - コメント(0) - 2014年6月8日

話題になってるのは知ってたところに角川がやたらとセールをするから勢いで買った。悪くないけどどうもまだこれからというところのよう。これだけではまだ評価しづらい。
★4 - コメント(0) - 2014年5月6日

荒木先生のアシスタントされてた方と知って、気になってましたが、彼がいつの間にか買ってたから読んでみました。
★4 - コメント(0) - 2014年5月1日

評判がいいので気になって読んでみました。期待しすぎだったのか、最初の方は拍子抜け…?でもだんだんと引き込まれていき、ラストは「うわ、これ大変じゃん!?どうなるの!?」と。主人公のお母さん、好きなんだけどな〜…。
★7 - コメント(0) - 2014年4月24日

母ちゃん。。
★1 - コメント(0) - 2014年3月15日

おもしろい。
★2 - コメント(0) - 2014年2月22日

少しだけ特殊な能力を持った漫画家が、ある事故に関わったことで、過去の事件と再び向き合うことに…という一巻。なかなか物語が始まらない感じがいい。ミステリーとしてちゃんと練られてそうなので、続きも楽しみ。
★3 - コメント(0) - 2014年2月20日

タイトルは結構前から見聞きしていたのだけれど、今回の角川70%オフセールを機会に手に取ってみた。主人公のキャラクターが不器用でなかなか好ましい感じ。また、タイムリープする特殊能力を持つ主人公(但しそのタイミングは自分では制御できない)、という設定は累計的ではあるものの、ぼくの大好物なので読んでいて非常に楽しかった。そして第1巻最終話の引きがものすごい。
★4 - コメント(0) - 2014年1月24日

再読。気が付くと事件解決の糸口をつかむ直前まで時間をさかのぼってしまう…。そんな能力を持つ主人公が、だんだんと自分の幼いころの記憶を掘り起こしていって…。
★4 - コメント(0) - 2014年1月21日

ネタバレ Kindleのセールにつられて購入。結論としては大当たり。とっつきにくい主人公だなぁと思ったけど、一巻終わるまでにグッと引き込まれた。ループものなので、ヴァイツァダストされてる感じがすごい。愛梨のキャラは好感もてるよねぇ。
★1 - コメント(0) - 2014年1月18日

bookwalkerで購入。ダヴィンチのアプリで推していた。主人公が特殊能力を持っていて、謎が発生して、エンヤコレヤと騒ぐという、いつもの形式なのだけど、王道を歩むに相応しくしっかりと読ませてくれる。そして、二巻を買わせようとする恐ろしい仕掛けが巻末に待っている。
- コメント(0) - 2013年9月12日

自分の過去に封じられた、忌まわしい事件に踏み込む事により、自分の心を掘り下げていく過程が面白い。タイムリープやサスペンスが良いアクセントになっています。
★2 - コメント(0) - 2013年8月23日

今読んでいるみんな最新5件(1)

01/24:おとや

積読中のみんな最新5件(6)

11/27:経る時
10/07:halfumi
10/21:moriuti81
10/01:toresebu
01/27:sezmar

読みたいと思ったみんな最新5件(6)

02/25:suicdio
01/26:デネブ
01/25:UCLA
08/03:exsoy
01/24:gatta blu
僕だけがいない街 1巻の 評価:54 感想・レビュー:28
ログイン新規登録(無料)