天冥の標Ⅶ(Kindle)

天冥の標Ⅶの感想・レビュー(16)

2015年12月20日:Yuta Iguchi
2015年8月9日:tsururun
2015年7月30日:yun2dot0
2015年7月11日:Mago6
2014年12月22日:KAIRO
2014年9月15日:Smxgxs
2014年7月28日:k-kazami
2014年6月18日:kanata
2014年6月14日:Wizとかち
重要な要素とはいえちょこちょこ出てくる趣味に合わない性描写にはそろそろうんざりしてきましたが、やっぱり面白い。青少年達の国造りストーリーは少しうまくいきすぎた感じもしたものの、今回の肝は何と言っても一巻世界のネタばらし。ハーブC、完全に椰子の実の島。いつか外側の裁きが下るのか。あとは電力源の正体と地下から現れるプラクティス、一巻にあったドロテアがどこから来たのかが気になるところ。
★1 - コメント(1) - 2014年4月8日

遂に一巻と繋がったな。 しかし、濡れ場は相変わらず下手くそだ。奈良林祥先生の本でも読んで修練すべし。
- コメント(0) - 2014年3月13日

なるほど、そういうことだったのかー。と今までの疑問が晴れてすっきり。が、しかし、新たな謎もあるなー。ドロテア・ワットが絡むのかなー?
- コメント(0) - 2014年3月7日

ようやく一周した。一巻を読み返そうかな。
- コメント(0) - 2014年3月6日

2014年3月2日:またれよ
ついに1巻へと繋がった。 これはもう1巻を再読するしか。 次がまた1巻の間を埋める物語なのかその後の物語なのか気になる。
★1 - コメント(0) - 2014年2月23日

なるほど、こうやってハーブCは「開拓」されたわけか…。十五少年漂流記ならぬ、五万少年少女漂流記。謎はまだまだあるし、救世群は凶暴な集団となってしまったものの、それは絶対的な「悪」なのかというと微妙だし、気持ちはいろいろ落ち着かない。次巻をじりじりと待つ時間がまた始まる。
★3 - コメント(0) - 2014年2月23日

今読んでいるみんな最新5件(3)

07/11:Mago6
04/07:oyatsudoki
03/06:Kenny00h

積読中のみんな最新5件(5)

02/18:squeuei
03/31:hal0609
05/30:nogo
06/21:roni
03/05:oyatsudoki

読みたいと思ったみんな最新5件(1)

02/21:oyatsudoki
天冥の標Ⅶの 評価:75 感想・レビュー:6
ログイン新規登録(無料)