ダ・ヴィンチ 2016年6月号

ダ・ヴィンチ 2016年6月号
 
168登録

ダ・ヴィンチ 2016年6月号はこんな本です

ダ・ヴィンチ 2016年6月号を読んだ人はこんな本も読んでいます


ダ・ヴィンチ 2016年6月号の感想・レビュー(136)

横山秀夫特集良かった。佐藤浩一さんとの対談とか。他の読んでない作品を読みたくなった。
★9 - コメント(0) - 3月12日

横山秀夫を夢中になって読んだ時期があった。ただ、映像化されたものはほとんど見ていないし、きっとこれからも見るつもりはない。御手洗潔シリーズは、必ずいつか読もうと決めている。
★5 - コメント(0) - 3月10日

6点/10点 横山秀夫特集。非常に楽しく拝読。気になった本は「もしもノンフィクション作家がお化けに会ったら」と「帝都妖乱」の二冊。短歌ください」のお題は初恋。「鵜が吐いた~」が秀逸
★4 - コメント(0) - 2月24日

読んだのに積みっぱなしになっていた雑誌。島田荘司の「御手洗潔」特集目当てで購入。もう1つの横山秀夫特集も良かった。まだまだ読んでいない本がたくさんあるので,おいおい読んでいきたい。
★52 - コメント(0) - 2016年12月15日

他号と比べるとあまり読み所がなかった。占星術殺人事件のネタばれが有名すぎて御手洗シリーズも未読。ドラマの臨場は好きだった。若林連載のおっさん化現象はとても頷ける(同世代)。短歌下さいのテーマは「初恋」。男女のすれ違いは幼少期から始まっている。次号!窪田正孝特集!MARS公開!【メモ】抜け殻の君など見たくないけれど君の抜け殻なら見てみたい/覚えたてのひらがなで書いた「すきです」のお返しはガンダムの絵でした/きみはあの頃だけぼくの妻だった夕暮れ砂のご飯よそって/『涙香迷宮』/『謎めいた肌』/『自殺予定日』/
★2 - コメント(0) - 2016年9月11日

吉野北高校図書委員会は、ワンちゃん編続いてたのっ!?と驚いて、内容ふっとびました
★5 - コメント(0) - 2016年9月6日

私がこの号を読んでいると息子が「ダヴィンチ?」と表紙を確認して「やっぱり」と。母が読む雑誌は必ずダヴィンチだと思っているのだろう(笑)確かに、ファッション誌などは美容院でしか読んでないね(笑)
★9 - コメント(0) - 2016年8月28日

「御手洗潔」特集。『占星術殺人事件』は今まで読んだなかでも可成りの衝撃作だったのに、そのあとシリーズを読破といかなかったのは家にも図書室にもなかったんだよなあ。館とか百鬼夜行もあったら多分読んでた…かな?S&MとかVシリーズはあったから全部読めた。辛うじて『斜め屋敷』と『進々堂』くらいしか読めてないなー。トライしたいシリーズって沢山あるけど、冊数多いと億劫になってしまう。昔もっと読めば良かったー。
- コメント(0) - 2016年8月17日

島田荘司さんは読んだことがない。いつか出会うだろうか。横山秀夫さん特集に満腹。伊坂さんの『サブマリン』も早く読みたい。ヨシタケシンスケさんの絵本はお気に入り。あまり本の読めない時期に本の雑誌は読めました。
★3 - コメント(0) - 2016年8月15日

また読みたい本が増えました。
★15 - コメント(0) - 2016年8月14日

たまたま先月号から雑誌記者さんの連載が始まったので読んでみる。横山さん特集。結構読んでるか。。と思ったら8冊だけでした。他のも読んでみたいと思った。御手洗さん。。知らんかった。面白そうやけど、シリーズいっぱい出てるのね。。読むなら続けて読みたいし。ちょっと保留かなぁ。オードリー若林くんのエッセイも面白いね。「能」の本とか新たに読みたいもの見つけました。
★4 - コメント(0) - 2016年7月28日

御手洗シリーズは半端で読み止めてるけど興味はあって購入。映画は観てません。64はドラマ観て好きだったので原作も既読。他の横山作品も読みたい。
★7 - コメント(0) - 2016年7月24日

ミステリーはあまり読まないので、御手洗潔シリーズは知らなかったし、横山さんの既読は1冊だけ。興味をそそられるけど、作品の多さに、気後れしてます。ミステリーを読み始めたら、先が気になって、寝不足になってしまいそう。
★3 - コメント(0) - 2016年7月23日

この号では、10冊読みたい本が出来ました✩シリーズって、読みたくても、最初がどれなのか分からないのありますよね。1.2.3とかふってくれてたら親切ですが。
★19 - コメント(0) - 2016年7月14日

今月も、読みたい本が沢山見つかりました。いつも書店へ行っていても、ダ・ヴィンチを読むと知らない本が沢山あると気付かされます。
★9 - コメント(0) - 2016年7月9日

「御手洗潔特集」スピンオフの「香具山の白い衣」は短編ですが、さすがの読み応えでした。その昔、「成吉汗の秘密」を読んだ時のワクワク感を思い出しました。「騙し絵の牙」は、ちょっと渡辺淳一テイストになってきて残念な感じ。次号に期待。
★7 - コメント(0) - 2016年7月8日

図書館で借りて読了。読みたい本を図書館に予約しました。萬斎さんの映画を見に行きたいです(*^^*)
★23 - コメント(0) - 2016年7月7日

【図書館】定番の1ヶ月遅れ読了。今回は「御手洗潔」特集。作家さんじゃなくて…ってところがマニアックですよね♪ 実はデビュー作の『占星術殺人事件』しか読んでないのですが…こんなに出ていたとは!?今度ジックリせめてみようかなぁ。横山秀夫特集も映像化に出演した俳優さん達がそろっていて豪華な内容。『臨場』の内野さんインタビューが良かったです。小さな記事でしたが、私的にはヨシタケシンスケさんがツボでした。
★47 - コメント(0) - 2016年7月5日

御手洗潔特集がメインだったがシリーズ未読なんだよね。巻数も多く読もうかどうしようかと思っていたが…名前の漢字を聞かれた時って部分でかなりツボに入りましてコレは読まないと。そして楽しみにしていた横山秀夫氏。映像化率の高さには驚き。読みやすく魅力的って読まずにはいられないもの。
★17 - コメント(0) - 2016年7月4日

大充実の御手洗特集!こんなコア物を特集してくれるとは。事件を年表にまとめたり、性格の特徴をまとめたり。御手洗関係の本をズラリと並べたページは圧巻!まだ読んでない作品があったことを知り思わず「キャー!」と叫びながらチェックしまくる。暑い夏や秋の夜長にこつこつと読み進めたい。横山秀夫特集もあり、何だかこの号はおじさん特集なんじゃ…いやいや、そちらもむさぼるように読みました。佐藤浩市との対談で「コップの中の嵐」を描いている、という記述があり、「先生、よおく分かってらっしゃる!」とシャッポを脱ぎまくり。満足!
★29 - コメント(0) - 2016年7月4日

御手洗特集。まだ1冊しか読んだことない。読まねば。
★5 - コメント(0) - 2016年7月3日

特集「御手洗潔」さんは、作家ではなく登場人物の名前だったのね、お恥ずかしい。読んだことはないのだが、玉木宏の探偵はちょっと見てみたい気がする。島本理生さんは10年近く受けたカウンセリングを昨年卒業し、これからは光さす作品を書きたいとのことで、注目。独自の世界観の虜になってしまったラーメンズ小林賢太郎さんの舞台を絵本にした「うるうのもり」、興味深い。今月のお気に入り短歌ください→きみはあの頃だけぼくの妻でした夕暮れ砂のご飯をよそって
★17 - コメント(0) - 2016年6月30日

御手洗潔特集が懐かしかったです。大学生の頃夢中になって読んでいたのを思い出します。いつしか離れてしまいましたが、またこれを機に御手洗シリーズを読んでみてもいいかなという気になりました。
★75 - コメント(0) - 2016年6月29日

【2016年185冊目】図書館本。 64の横山秀夫特集。挫折したけど再度チャレンジしてみたいし、映画もみたいな(⌒‐⌒)
★36 - コメント(0) - 2016年6月26日

【図書館】「御手洗潔」特集。見てると読みたくなってくる〜(>_<)それから「64」!読みたくなった!!
★14 - コメント(0) - 2016年6月22日

食わず嫌いという言葉は、誤解されていないだろうか。まだ食べたことがない物を何とくなく嫌いだと思い、手に取らないから、ますますタイミングを逸し、やっぱり嫌いだと思いこむ状態が続いてしまうこと。そういう意味じゃないのかな。読まず嫌いという言葉があるとしたら、島田荘司は僕のリストの中に入る。ミステリ小説がそれほど嫌いなわけではない。時には雑食のように何でも手に取ってみる方だ。それでも今日まで、たぶん1ページも読んだことがないんじゃないかな。映画化、漫画化、熱烈なファン。巻頭特集をぱらぱらと眺めながら。
★11 - コメント(0) - 2016年6月21日

御手洗、横山秀夫と盛り沢山。地元でかなりの盛り上がりということで、御手洗シリーズに手を出そうと決意。また、64も気になっていたがドラマにも手を出せず… 今年は100冊読破で、来年はシリーズモノを責めようかと新たな目標が見えてきた。
★24 - コメント(0) - 2016年6月20日

御手洗潔シリーズ特集。中央公論新社の企画が面白そうでワクワク。
★48 - コメント(0) - 2016年6月19日

乃木坂活字部での朝井さん。「痛いところを突かれた気持ちよさ」わかります!私は朝井作品のそれが堪らなく好きなのです!←ドM 高山さん、連載頑張ってね~~(読んでないけど)
★16 - コメント(0) - 2016年6月16日

御手洗潔シリーズ昔からずっと気になっているのに読めていないので、近いうちに読みたいな◎
★31 - コメント(3) - 2016年6月15日

(借)御手洗は凄く昔のしか読んでないなあ。 何気に楽しみなのは吉野北高校のワンちゃんの切ない恋の話。
★10 - コメント(0) - 2016年6月13日

遅れたが6月号読了。トロイカ学習帳の連載と読者の関係が興味深かった。最近は単行本になるときを意識した展開の連載が増えているけどその逆のやり方でファンを掴むものもある。そして何気にチェックしてるのは巻末の次号予告。内容じゃなくて今月は【お詫びと訂正】が載ってるか?って。我ながらちと悪趣味か?でも高確率で載ってるからねぇ…。仕方ないよ。案の定載ってた。Oh。
★17 - コメント(0) - 2016年6月13日

御手洗潔シリーズ特集号。少し古い作品が多いがやっぱり面白かった。映画化とかで雑誌で特集組まれること多いけれど、ダ・ヴィンチは硬派な作りだから好きだ。
★33 - コメント(0) - 2016年6月8日

「御手洗潔」特集という日がくるとは!15年前に友人から勧められた『占星術殺人事件』を読んでから、御手洗にはまり、片っ端からシリーズを読んでは新刊を待ち遠しく思ったものです。いつか、刊行順ではなく、事件の年表順に再読いたいと思います。横山秀夫さんの作品も全読破している私としては、魅力的な号でした。
★20 - コメント(0) - 2016年6月2日

御手洗特集目当て。構成はちょっと前の有栖川有栖特集とそっくりですね。自分もめちゃくちゃ思い入れて書いたアンケート、もっと読みたかったなぁ。ファンの熱さがいいのに!石岡くんの項目で、「健やかに暮らして欲しい」という全てのカズミストの願いに強く強く頷きましたよ。御大の、御手洗が馬車道に「帰ってきてもいい」の発言にはまた翻弄されるよ…!香具山話は完全にQ.E.D.。みゆきって誰と思ったら映画の世界線かよ…。滝沢さんにはほんと興味ないわ。事件の裏話とかが良かったな。全体的に映画宣伝仕様が強くてやや物足りない。
★13 - コメント(0) - 2016年5月31日

御手洗。最後に読んだのは「龍臥亭事件」。読まなくなってからこんなに作品出てたのね。。。あたらしいのを読むかどうかはわからないけど、昔のを読み返したくなった。
★9 - コメント(0) - 2016年5月29日

横山さんのインタビュー記事のみ。コップの中の嵐という言葉が非常に印象的。佐藤浩市で3作品映像化されているんだなぁ。逆転の夏をはじめ読み直したくなった。
★37 - コメント(3) - 2016年5月29日

横山秀夫のインタビューが読みたくて購入。
★24 - コメント(0) - 2016年5月27日

ダ・ヴィンチ 2016年6月号の 評価:100 感想・レビュー:66
ログイン新規登録(無料)