僕だけがいない街 コミック 1-8巻完結セット

僕だけがいない街 コミック 1-8巻完結セットはこんな本です

僕だけがいない街 コミック 1-8巻完結セットを読んだ人はこんな本も読んでいます


僕だけがいない街 コミック 1-8巻完結セットの感想・レビュー(126)

38
この漫画、ハマりました!! 凄い、めちゃめちゃ伏線張りまくり、再読しなきゃ。 ハラハラ、ドキドキしながらイッキ読み(^-^) オススメです。9巻も最後に読んだら、感動間違いなし。
★1 - コメント(0) - 3月15日

アニメを見て面白かったので漫画本も読んでみました。カオス理論をとてもわかりやすく絡めてあってとても面白かった。アニメよりも漫画のほうが好きな結末でした。
- コメント(0) - 2月26日

ずっと気になっていた本を一気読み。贅沢なような勿体なかったような気分。とても読み応えあった。狡猾で恐ろしい事件が起こる中、何が出来るか?皆を救えるか?ハラハラドキドキ。そして、何が起ころうがどこまでも強くて揺るがない母親の愛情と信じ合える友達、その繋がりと思い合う気持ちがひしひしと伝わって胸をいっぱいにした。残りページが少なくなるのが寂しいなと思ってたら、やった!番外編あるって♬
★26 - コメント(0) - 2月11日

映画を観た後、原作と結末が違うことを知り読んだ。映画ではわからなかった繋がりや謎が全部解けて、散りばめられた伏線も見事に回収されていてスッキリ。結末を知った上で再読すれば、また新しい気付きを得られるだろう。悟の「やり遂げたい意志」「踏み込む覚悟」を見習いたい。
- コメント(0) - 1月29日

映画を先に観た。役者さんたちは皆とてもよかったと思うが、結末が腑に落ちなかった。ネットで原作漫画の結末と異なっていることを知り、漫画を手に取った。漫画のほうはしっかり筋が通っていてナットクできた。主人公、主人公の母、雛月、あいり、皆キャラが立っていてすばらしい。
- コメント(0) - 1月21日

映画観て面白かったので。割りと映画も原作に近いと思ってたら途中から違ってきた。ぐっと掘りさげられて面白かった。終わり方も満足。
★7 - コメント(0) - 1月16日

話の内容が持つ重さに対して、登場人物たちの性格が少年漫画的過ぎて笑えた。
★2 - コメント(0) - 1月8日

タイムトラベルする話だったけど、しっかり作り込まれてる話だった。とても面白く読めた。行動することが大事、行動することで周りにも熱量が伝わり周りも動くというところが印象的だった。
★2 - コメント(0) - 2016年12月31日

アニメで知ったのですが、オリジナルを読みたくて。当然ですが、原作の方が掘り下げが深くて、ラストまでの持って生き方もいいですね。荒木飛呂彦氏のアシスタントだったとは、独特のセンスに納得です。アニメのラストも良かったですが、原作が一番いいことに安堵。何せ漫画なら北海道弁のアクセントも気にならないしね(笑)アニメ…ビミョーだった…★★★★★
★1 - コメント(0) - 2016年12月30日

妹宅の雪崩を起こした物置を片付けた時に発見した漫画。 タイムトラベルもので、殺人事件を阻止する漫画家志望の男性の話。 途中で、あ、こいつが怪しいっていうのはあったけどそんなのはどうでもいいかなってくらい面白かった。一気読みして久しぶりに読書で充実した時間が過ごせたわ♪
★14 - コメント(0) - 2016年12月18日

スマホで無料で1巻読んだら面白くて、弟が6巻まで持ってたから毎日1冊ずつ読んでさらにハマって、7.8巻はTSUTAYAでレンタルして読んだ。虐待受けてる子を助けてる辺りがやっぱり1番引き込まれた。タイトルが悲しいけど、最後まで読めば悲しいだけじゃないのがわかる。面白かった!
★1 - コメント(0) - 2016年12月15日

アニメとラスト違うと聞いてたので一気読み。成る程なー。まぁ漫画も良いしアニメも良かった。強いて言うならアニメの方がサッパリしてるかな。アニメは話数が決まってるから仕方ないね。
★2 - コメント(0) - 2016年11月23日

引き込まれた!時空の移動みたいな話しなら嫌だなと思いながら読みはじめたけれどそれよりもストーリーが面白かった。最後は涙でました
★16 - コメント(0) - 2016年11月14日

遺憾ながら、さすがアニメや映画になっただけのことはある名作だぜとは思えず。タイムスリップ物として良くできてると思うしタイトルの秀逸さは見事ですけれど、それほど‥‥心に訴えるものはありませんでした。だがしかし八代先生は良い。映画ではミッチーが演じたとか。最高ですな。婚約したい。
★9 - コメント(1) - 2016年11月11日

再読
- コメント(0) - 2016年11月10日

一気読み。悟の強さの源は、あの母親のおかげなんだろうな。もう1度読み返してみよう。
★1 - コメント(0) - 2016年11月7日

やめられない漫画。一気読み。
- コメント(0) - 2016年11月1日

日曜日の夜、全巻借りてきて、1日で読んじゃった。これは途中で止められない!気になって、気になって・・・。主人公のサトルが売れない漫画家として物語がスタート。時間が戻って繰り返したり、過去に行って戻ったり。人付き合いが苦手だと言っていたサトルだけれど、「勇気」と「意志」を持って、ぐんぐん行動していく姿、まぶしかった。こんなに人生に積極的にガンガン関わっていっていいんだ、そんな生き方こそが主人公(ヒーロー)なんだって、わたしの中でモヤモヤ、モゾモゾしている。
★16 - コメント(0) - 2016年10月10日

アニメを見終わって、なんだか食い足りない部分があり、その辺が解消されるかも……と原作を読んだ。ああ、なるほど! とすっきりしました。 アニメを見た方にこそ、ぜひとも読んでほしい。
★1 - コメント(0) - 2016年10月6日

H.S
ぶっ通しで読みたくなってしまう漫画
★1 - コメント(0) - 2016年9月29日

読んだ後『くっそ面白かった!』と心から言える漫画。真犯人とか予想ついたけど、それが誰かって謎だけで読ませるのではなくて、グイグイ先を急いで読んだ。『僕だけがいない街』の意味も終盤に分かった瞬間鳥肌立った。最後が予定調和のように感じるけどそれさえも『良かった』と感じさせる作者はとても凄いと思う。
★2 - コメント(0) - 2016年9月7日

(レンタル)7巻37話、モノローグの主が変化していくところが一番ぞくっと楽しかった!小林少年とかそわっとするからやめてほしいよねー。あとお医者さんかわいかった。
★1 - コメント(0) - 2016年9月6日

Kindle 1clickの魔力で大人買いしてしまった…。 久しぶりに新しい漫画シリーズを読んだけど、なかなか面白かった。
- コメント(0) - 2016年9月3日

小説版読んで面白かったので改めてマンガをまとめて再読。最初はスリリングさにひきこまれる感じだけど最終的に真っ直ぐでまっとうでええ話ですなぁ。言葉の力。やーよかった。
★1 - コメント(0) - 2016年8月26日

5巻くらいまではとても面白かったけどそのあとはちょっと意外性が無くて残念でした。
★36 - コメント(0) - 2016年8月20日

話題のコミック。気になりながら今まで読まなかったのは、題名のせいか、非常に暗いイメージがあったから。現実の世界でないものならば、たとえ残酷で悲惨な話であっても、希望の光が少しでもあるものをと思う。 このたびは映画のプロモーションビデオを見て、読んでみる気に。読み始めると噂どおり面白くて、一気に読んでしまった。 どうにもならない、起こってしまった過去をやり直せるなんて夢のまた夢。最高のハッピーエンド。そんな夢のような話にうっとりしてしまったのだった。
★2 - コメント(0) - 2016年8月20日

幼少期の思い出との「葛藤」、タイムスリップによる「ループ」、犯人探しの「ミステリー」、犯人を追う「サスペンス」の4つが上手く組み合わされてるようで面白い。映画「バタフライ・エフェクト」に似てるけど、こちらは歴史改変しないと人が死ぬという切迫性がある分、より捻りがあっていいと思う。でも独り言の回想シーンとかが長いせいか、終盤からだれてしまったような。シリアスに書き始めたら最後までそういってほしい。犯人も社会的に高い地位にいながら、なおも狂気の犯罪者というのが少しリアリティに欠けるような。
★3 - コメント(0) - 2016年8月19日

★★★★☆
★2 - コメント(0) - 2016年8月18日

アニメ見て面白くて、原作読み。よく漫画の実写映画化、小説化があるけど、俺は個人的には好きじゃない。映像には映像の、小説には小説の、漫画には漫画の良さがあって、殺さずに他の媒体に変換できた例なんてほとんど無いんじゃなかろうか。ウシジマくんと特命係長は大好きだったけど、最早漫画とは別物に近いね。漫画のアニメ化は、声優がイメージと合えば。
★6 - コメント(0) - 2016年8月15日

藤原竜也主演で映画化された傑作サスペンスミステリーコミック。ある出来事が起きる少し前に戻るリバイバルという能力を持つ売れない漫画家悟が、母親の殺害事件と誘拐殺人事件の繋がりと謎を追う。映画と比べると、悟とケンヤが協力して犯人を追う絶妙なコンビぶり、悟が植物状態から復活して犯人と最後の対決を挑むスリリングなサスペンスが濃厚で、悟と周辺の人々の強い熱い絆が深く描いているので、映画を見た人にも楽しめる傑作サスペンスミステリーコミックです。
★19 - コメント(2) - 2016年8月8日

ドキドキした。ずっとドキドキしてた。読み終わった後鳥肌止まらなくて思わず叫んでた。面白かった。
★1 - コメント(0) - 2016年7月31日

犯人は誰か?面白かった‼さすがの人気作品。大満足‼8巻完結なので、ゆっくり読まないと思いながらも先が気になり…あっと言う間でした(笑)
★11 - コメント(0) - 2016年7月30日

漫画「僕だけがいない街」。母親の愛情とエネルギ-に頭が下がる。彼をとりまく友人達にも。ただ、前半と比べて後半は少々物足りない感じがした。もしかするとこれは作者の癖なのかもしれない。
★5 - コメント(0) - 2016年7月23日

いつ起こるか分からない「リバイバル」最後の最後までドキドキしながら楽しめました。もっと読みたかったー!TVアニメ、映画、それぞれラストがちょっと違うとの事。全部制覇したいと思います。
★5 - コメント(0) - 2016年7月9日

小学生時代に起きた連続児童誘拐殺人事件の犯人とされた男の冤罪を晴らせなかったトラウマを抱え、さらに事件の真犯人によって母殺しの容疑者として追われる羽目に陥った主人公が、小学生時代に遡って事件解決に挑む「バタフライエフェクト」を髣髴とさせるタイムトラベルミステリ。 巧みなミスリードによるスリリングな展開は、普段漫画を読まないミステリ好きにもお薦め。 全編を貫く母子の愛情や、終盤でタイトルにつながる級友たちとの友情が胸アツ。なお、愛梨は俺の嫁w 
★33 - コメント(0) - 2016年6月10日

めちゃめちゃ面白い 序盤から本当に面白い 最後は普通だけど
- コメント(0) - --/--

タイトルを見て、理不尽に死んだりするのではと、警戒していました。でも読んでみたくて大人買いしました。そして一気読み。さらに息子も一気読み。
- コメント(0) - --/--

正統派タイムリープサスペンスとでも言うべきか。綿密な仕込み、伏線がやたら多く、また読み返したい一冊。感情をじわじわ出す漫画だなあという印象。正義感も、狂気も、悲しみも、愛情も、じわじわ伝わる。
★6 - コメント(0) - --/--

a24
映画見てから漫喫で全巻読んだ。そう、イメージが崩れない藤原竜也は凄いと感じた。
- コメント(0) - --/--

僕だけがいない街 コミック 1-8巻完結セットの 評価:70 感想・レビュー:40
ログイン新規登録(無料)