週刊ポスト 2017年 3/31 号 [雑誌]

週刊ポスト 2017年 3/31 号 [雑誌]の感想・レビュー(2)

3月20日:科学に佇む
筒井康隆×長尾和宏の、安楽死についての対談が面白かった。今は小説より現実のニュースの方が面白いって、ホントなのかもしれない。大前研一氏の連載も。仕事は定型業務と非定型業務があって、非定型業務はクリエイティブ業だから時間でなく成果で価値を計るものなので、そもそも残業という概念がないのだから、ホワイトカラーエグゼンプションや残業規制に意味が無いという指摘は頷ける。分煙社会の考察記事も示唆に富む。海外や愛知県(H22)のデータでは、自主禁煙にした店の売上は減っていないという。そうすると、厚生労働省が3月1日に
- コメント(1) - 3月16日

人気の本

週刊ポスト 2017年 3/31 号 [雑誌]の 評価:100 感想・レビュー:1
ログイン新規登録(無料)