片想いと恋文

片想いと恋文
オリジナル本登録者
40ページ
60登録

片想いと恋文はこんな本です

片想いと恋文の感想・レビュー(42)

表紙の志緒ちゃん可愛い♡福眼♡福眼♡お手紙にまつわる短編集。美夏がびっくりするほど大きくなってる!妹の友達からの手紙なら邪険にできないよね。可愛い志緒ちゃんがお兄ちゃんに見えた。こんなお兄ちゃん欲しい。志緒ちゃんを守ってくれる先生がヤキモチやいてるところがねーもう、キャーってなっちゃうわ。最後の先生のお手紙は渡すことなく終わりますように。まだまだこの2人を見ていたいなぁ。
★15 - コメント(0) - 3月5日

『雪よ林檎の香のごとく』の番外編同人誌。2016年夏コミ。手紙をキーにした3編の短編、いろいろな恋文の形。美夏ちゃんがずいぶん成長していてびっくりしました。最後の短編は、いろいろ考えさせられます。本人が見てほしくない、でも、とても大事な恋文だと思いました。
★1 - コメント(0) - 2月19日

積読崩し。表紙からして可愛いやらきゃああと喜ぶやら…しーちゃん、やっぱり可愛いんだよなあ…もう可愛いしか出てこない。「meet~」から先に読んだ時には、なんかやな奴とか思っていたのが嘘のようです(嵌りたての時、デビュー作を一番最後に読んだので)
★6 - コメント(0) - 1月8日

登録もれ。登録ありがとうございます。今年1冊目が一穂さん同人誌群再読(^^ゞこの二人も大好きです。先生が、とっても『先生』らしかった。本当に想う相手から想われる奇跡。最後の先生の手紙がとても切なかったです。まだまだ二人のことが読みたいので、続けて欲しい。
★4 - コメント(0) - 1月1日

2016年1047冊め。いつもながら短編の名手であると感心させられる。今回は「手紙」という好きなモチーフなので尚更である。美夏と嵐のほほえましい文通。そして本編で生まれた美夏がここまで成長していたことに心温められる。志緒の言葉には明確にはできない心細さとか、それに応えてくれる先生の優しさとか、叶うはずのなかったと二人は思っている恋が叶ったこととか、全てが切なく愛おしい。先生のエンディングノートにも胸を締め付けられる。
★87 - コメント(1) - 2016年12月9日

ひとつの些細なエピソードが周りい影響をあたえてそれぞれの想いが浮き彫りになる感じがミチさんっぽくてともて好き♪
★5 - コメント(0) - 2016年12月4日

桂×志緒。妹とその友達の文通をめぐる話。志緒の気持ちも先生の気持ちの表現もすごく良くてジリジリする。この二人の物語を読むと入り込み過ぎて甘くて苦しいよ~。総集編が出てからもまた二人が読めて幸せ。もう大好き過ぎる。このままずっと二人の人生を書き続けてほしい。
★2 - コメント(0) - 2016年11月30日

登録ありがとうございます。 「雪よ林檎」の続編というか番外編。美夏が大きくなっていて驚く。 手紙がテーマの短編だが深い。たかが手紙と侮るなかれ。 「一人の大丈夫な大人」に背負わせるのではなくほかにも大丈夫な大人がいることを教えてやるのが大切だという先生の言葉が深かった。 そこには独占欲も少しはあっただろうけど先生のいつもちゃんと物事を見据えているところがとても好きだ。そして先生の両親にあてた手紙もとてもよかった。志緒ちゃんのすべてを大切に想っている先生は本当に素敵だ。
★14 - コメント(0) - 2016年10月7日

「雪よ林檎の…」桂&志緒。美夏がとても成長している。そして子どもの心って難しい!繊細で複雑な気持ちの表現をこんな文字で書き表せるなんてすごい。すごく分かりやすかった。たかだか子どものすることなのに志緒との手紙のやり取りを牽制する桂、その気持ちを理解できる志緒。お互いをめちゃくちゃ大事に想ってるんだね…とそのあとのホテルでの物理的欲求も描写は少ないけど興奮した。”先生”な桂がかっこ良かった。
★6 - コメント(0) - 2016年10月4日

胸の奥にジワッと染みて鼻の奥にツンと沁みるお話でした。登録ありがとうございます!
★5 - コメント(0) - 2016年10月2日

★登録ありがとうございます。手紙を軸にした三編。自分自身の子供とのかかわり方も考えさせられた。気持ちを場当たり的に他人に押し付けていけないね。楽だけど。その気持ちを形にできないけど不安に思う志緒が頼る先が桂で、桂がああいった判断をしてくれたことが私の心も豊かにした。電話の話は、こうやって思ってもないところから恋人の些細な面白話が聞けるなんていいなぁとホンワリ。最後は、桂が志緒を死後も大切にし守りたいことが伝わってくる渡す予定の(今のところ)ない、両親に向けた手紙。本人の目には届かない、最高のラブレター。
★5 - コメント(0) - 2016年9月20日

『林檎』同人誌。恋文の最後の☓〇☓〇は、言葉では表せない、存在全部で愛を伝える“キス&ハグ”。どこまでもピュアでスイートな二人だけれど、それだけじゃなく、苦さ酸っぱさも味わえるのがこのシリーズの素晴らしさ。 どんな愛情関係も、永遠を保証されてはいないことに気付くことのできる二人だから、ときめきが消えないのですね。 いつもながら一穂さんの描くショートストーリーは至福の一言。 登録ありがとうございます。
★15 - コメント(0) - 2016年9月19日

登録ありがとうございます。「雪よ林檎の香のごとく」番外編。手紙にまつわる短編集。
★3 - コメント(0) - 2016年9月6日

(2016年8月31日4506)ご登録ありがとうございます。『雪よ林檎の香のごとく』の番外編。志緒は妹の美夏ちゃんとお友達の小春ちゃんを連れて水族館に行った。小春ちゃんからお礼の手紙を貰った志緒は妹に言われ返事を書いた。でも美夏ちゃんはヤキモチ妬いて泣いてしまう。美夏ちゃんの気持ちを第一に考え小春ちゃんの両親のお願いをキッパリ拒否した志緒。そこに一緒に居た桂の言葉も良かった。また、桂が前に書いたエンディングノート。志緒の事がちゃんと書いてあった。大切に思ってる志緒への気持ちが素敵です。ホロリとした。
★23 - コメント(0) - 2016年8月31日

登録感謝。先生の真摯な想いに切なくなった。妹ちゃんの焼きもちしちゃう気持ちは、兄弟姉妹いる人には少なからず理解できるでしょうね。
★5 - コメント(0) - 2016年8月27日

「雪よ林檎の香のごとく」番外編同人誌。手紙に纏わる短編集。妹の成長が感じられたり、桂のエンディングノートに綴られた志緒への深い愛に切なくなったりと、満足の一冊でした。ぶ厚い番外編集2冊分にもなる同人誌を出してるのに、未だネタ切れしないでこんな素敵な作品が書けるって凄いと思います…。
★13 - コメント(0) - 2016年8月27日

登録ありがとうございます。一穂作品で最も好きなカップル桂×志緒にまた出会えて嬉しい。無配小冊子とリンクした手紙にまつわるお話です。殆どひらがなで綴られる美夏ちゃんや小春ちゃんの可愛らしい手紙に癒されつつ、独占欲や嫉妬といった決して美しくはない感情でさえ、一穂先生の手にかかると何と大切で愛おしい感情に思えることか。「届かないで」のエンディングノートに込められた桂の志緒への想い、生涯を志緒と共にある覚悟と、おそらくは志緒を遺し先に逝かなければならない覚悟、その深い愛がとても切なくて、少し泣いてしまいました。
★19 - コメント(3) - 2016年8月27日

『雪よ林檎の香のごとく』の同人誌。今回は手紙に纏わるお話。志緒の妹美夏と嵐との可愛らしい文通を傍観していた志緒がまさか美夏の友達と手紙のやり取り?…。さすがは桂先生、志緒の胸のうちを察したフォロー。美夏と同じ位の小さな嫉妬するも可愛らしいですし、唯一無二の者のための排除に、まさに志緒にメロメロなのを感じる。先生の恋文にはホロリとさせられる。『愛してる』の一言も無いんだけど、読まれないようにと願いながら綴られる手紙に志緒への愛おしさを感じる。
★11 - コメント(0) - 2016年8月26日

一段落ついたものだと思ってたけど、溢れるようにあるんだなぁ。
★4 - コメント(0) - 2016年8月23日

登録ありがとうございます。久々の林檎だった。相変わらず、桂は志緒にベタ惚れだね!妹の友達の手紙のにまつわる話。嵐の相手って誰だっけ?思い出せない。
★2 - コメント(0) - 2016年8月21日

登録ありがとうございました。同時に発行された方と違って、こちらは少し切なく哀しくなりました。手紙がテーマになった掌編いくつか。メインは妹のみーの友達が志緒ちゃん宛に書いてくる手紙の話で、こちらは可愛く読み終わりましたが、最後のお話に涙が出ました。年の差CPにつきまとう最期のお別れのお話で、もちろんまだ想像の範囲ではありますが、桂先生が書くエンディングノート。志緒ちゃんに対する心からの労りが感じられます。いつか養子縁組とかすればいいよね。しかし桂先生はカッコいいな。どの攻もこの人が基本にある気がする。
★28 - コメント(1) - 2016年8月20日

蓮さん、登録ありがとうございます。「手紙」絡みの中編が一つと短編が二つ。美夏ちゃんの登場する話は彼女の成長と「兄」である志緒が垣間見えて結構好きです。小春ちゃんのご両親との対話では、志緒が漠然と持っていた不安を桂が見事に掬い取るシーンがいいな。そして、桂の本音もいいね。女の子2人の手紙で締めた結末が爽やかでした。志緒が女子高に殴りこんだ話は好きなので、ちょっとリンクしていてうれしかった。エンディングノートの話は切ない。「届かないで」というタイトルが哀しい。挿入された詞はCharaの『片想い』。
★8 - コメント(0) - 2016年8月20日

LIV
登録ありがとうございます。雪よ林檎の番外編。手紙にまつわる短編集でした。美夏と文通している嵐が本当いい人でその度にしーちゃんが嵐のお相手を思い出しては苦虫噛み潰したみたいになるのが可愛かった。そしてラストの先生のラブレターにホロリ。
★22 - コメント(0) - 2016年8月19日

「雪よ林檎の香のごとく」番外編。○片想いと恋文○ホットライン○届かないで。手紙をベースに3編。美夏ちゃんの成長にほっこりしたり、嫉妬を味わったり。先生からの手紙に深い愛を感じた。
★17 - コメント(0) - 2016年8月19日

表紙と裏表紙は、ラブホテルでお風呂から出てきた志緒ちゃんとタオルを渡す桂先生でしょうか。先生の手だけで萌え転がります… どれだけ愛し合っていても、タイミングとか諸々でこれから先他の誰かに心が動かないとは言えない。だから可能性から全てを排除する。お互いとだけ愛し合いたいから。志緒ちゃんの、『ごめんね、濡れなくて、不便で』や『好きな男の性欲って、何てかわいい』に身悶えしていたら、最後の先生のラブレターに泣かされてしまった。唯一無二の大好きな二人が出来るだけ永く一緒にいられますように。
★30 - コメント(0) - 2016年8月17日

雪よ〜の番外編。このCPもめちゃくちゃ好き♡志緒ちゃんが大好きな先生でした(≧∇≦)
★7 - コメント(0) - 2016年8月16日

ご登録有難うございます(__)2016夏コミ新刊同人誌。『雪よ林檎の香のごとく』より桂×志緒…なるほど~こんな風に無配小冊子とリンクしていたのですね!この度は『手紙』に準えたエピソード。志緒は美夏ちゃんのお兄さん業をこなしつつ微妙な立場に…桂のブレない対応がナイスアシストで事なきを得る訳なのですが、二人の関係の眩しさに、そして終盤、究極の桂の恋文に…心がギュッと締め付けられる締め括り。種々考えさせられつつ心温まる素晴らしい内容。読めて幸せ♪
★58 - コメント(0) - 2016年8月14日

今読んでいるみんな最新5件(1)

08/13:ゆー

積読中のみんな最新5件(9)

02/24:榛原
09/17:あんきも
08/21:流咲月

読みたいと思ったみんな最新5件(8)

02/21:ノッキ
10/11:R:::
10/09:言音
10/07:あつひめ
09/06:aonomi
片想いと恋文の 評価:100 感想・レビュー:27
ログイン新規登録(無料)