アクセル・ワールド (14) ―激光の大天使― (電撃文庫)/川原礫のネタバレ(30件)

全員表示 | ネタバレ
アクアカレントの救出、マゼンタ軍との戦争、メタトロン戦と大規模戦争が立て続けに入れてあった巻だった。カレントとレパードの関係性にも驚いた。個人的には、ハルユキとタクムの再戦に関する負の伏線がイヤーな感じがする。まだ、平和的にはならないのか。
★2 - コメント(0) - 2016年8月17日

二つのミッションを挑むハルユキ一同。 いつもこの作品についてあれこれ考え込んでいるせいか、ほとんど予想通りに話が進んでいます。 予想外があるというと、メタトロンがヒト型になり、攫われたニコを助けるためにハルユキに翼を貸すことだけです。 はっきりこの巻で話が終わると思い込んでいましたが、またつづくと書いてありました。 (ウェブストアで本を買ったのですから、表紙にあまり注目していませんが、本が届いたら詳細に見るとエロイですね……)
★1 - コメント(0) - 2016年6月4日

また川原先生はあとがきで謝罪しましたね。セイリュウでもっと紙幅を取ると思っていたのですが割とあっさり終わりびっくりです。表紙がどうしてこの組み合わせなのかなと思いながら読んでいたのですが、盛大なネタバレだったんですね。しかし相変わらず悪いと思っていたやつらにも理由がありなぐり合って分かりあうスタンスは○ンダムファイト並みに熱い展開です。そしてまた次巻を楽しみにする終わり方でしたね。もちろん期待しています。個人的には最後は大団円になってほしいと思うくらいにはキャラクターを愛していますね。
★1 - コメント(0) - 2016年4月21日

カレント救出の為、帝城に向かうハルユキ達。しかしカレントを無事に助け出せたとしても、さらにメタトロンを突破しISSキット本体の破壊というミッションが待つ。限られた時間の中でハルユキは…。【感想】明らかに1冊で終わらないエピソードをびっくりの速い展開で1冊にしてあったけど、意外と戦闘オンリーでなく、いろいろな過去話やいい話がころがっていて読み応えがとてもありました。最後はちょっと予想外の展開だった。あとはシトロンコールが便利すぎ(笑)。
★9 - コメント(0) - 2015年6月16日

アクアカレント救出戦は順調に終了。ミッドタウンをめぐる攻防、最後にマゼンタ・シアターとまさかの共闘、さらに、ハルユキを導く謎の声の主が、まさか、・・・の本心とは思いもしませんでした。
★1 - コメント(0) - 2015年5月1日

ISSキット破壊作戦のために行ったのが、セイリュウ戦とメタトロン戦なのですが、よくもまあここまで大型ボス倒す話を一つに突っこめたものだと思うぐらい大ボリューム。アクアさんとパドさんの繋がりの話や、マゼンタとの再度のバトルでやはりお互いに距離を縮めて行ったりと。メタトロンの時にマゼンタが背中を支えてくれた所とかは熱くなってしまいました。万事が上手くいったと思った矢先の急展開。ニコが誘拐され、それを追うハル。ニコも最初はちょい役かと思いきやすっかり主力の大事な人になったんだなあ…。
★7 - コメント(0) - 2015年2月2日

着装、メタトロンウイング!この展開アツすぎ!
★2 - コメント(0) - 2014年11月8日

カレン救出とメタトロン戦。最後は予想通りの展開だったが、まさか着装するとは(笑)
★4 - コメント(0) - 2014年8月8日

購入したものを再読。(登録し忘れていたが、確かに読んでいるので)。メタトロンは一応倒したけど、今度は加速研究会によりスカーレット・レインがさらわれるのがこの巻の話。ISSキッド編いつまで続くのかなあ。やっと続巻を読むためのおさらいが終わった。次の巻からは気持ちを新たにして読むことができそうだ。
★10 - コメント(1) - 2014年4月19日
おにけん
あっちっち様、フォーク世代様>感想にナイスをつけていただきありがとうございます。また、よろしくお願いします。
- 04/20 17:04


仲間の力の偉大さよ。そしてまさかエネミーにまで気に入られるハルユキwwwハルユキのモテ力半端ないwwwもはやクライマックスかってぐらいの盛り上がりですが、まだまだ無限EKされてるエレメンツの面々は全員救出できてないんですよねwそしてついにメタトロン戦は終了し、ISSキット編が始まりますwてか結局続くじゃないか!なんだこれ。。。次巻からはついに加速研究会とのガチンコバトルが始まるみたい。楽しみ!
★8 - コメント(0) - 2014年4月17日

セイリュウ戦、そしてメタトロン戦と…前回と比べるとかなり内容が濃かったですね。親子の絆だったり、新たな友情…見どころはたくさんあったと思います。個人的にはマゼンタさんは少しやり方は横暴ですが、仲間想いだったり納得する部分もあるのでこの巻だけでなく、もっと見たいなあと思ったりします。さて、感情を持つエネミー、そしてそのエネミーから新たなる力を得たハルユキ…今後どうなるのでしょうか?次巻も楽しみです。
★6 - コメント(0) - 2014年1月19日

アクア・カレントの救出。VS青龍。VSマゼンダ・シザー群。VSメタトロン。かなりのボリュームで満足! ハルユキの成長、ハイランカーの強さなど詰まっていておもしろかった。でもすべてが思いどうりには進まない。加速研究会が絡んでいるわけだからね。次巻に期待!
★5 - コメント(0) - 2013年12月5日

今回も安定の面白さでした。ハルユキたちの一生懸命さに一緒に熱くなりながら読みました。今回の敵はダスク・テイカーのような完全な悪役ではなさそうなので、今後どうなっていくのか、ハルユキの思いは通じるのか楽しみです。さて次は15巻読むぞ!
★6 - コメント(0) - 2013年10月21日

ラストの新しい強化外装の着装はなかなかアツい!!
★3 - コメント(0) - 2013年9月12日

カレントが帰ってきた。ただ、良いところで終わりやがった。
- コメント(0) - 2013年8月6日

青龍でもっと波乱があるかと思ったが、そこはどうやら未来に持ち越し。無事囚われのアクア・カレントを救出。一気にメタトロン攻略へと話は進む!いやー、それにしても今回もめっちゃ泣けたなー。姫、仲間と手を繋げてよかったね(ノД`)シクシク アボカド・アボイダの声にならない「おれも、バーストリンカーだ。」もグッときた(´Д⊂ヽそしてそしてなんという終わり方!ニコのピンチに天使の翼!?ハルユキの「と…………べええええぇぇぇぇ――ッ!!」の叫びは毎回本当に心が滾る。次回が楽しみすぎる♪
★17 - コメント(0) - 2013年7月31日

やっぱり終わらないのか!!!わかってはいましたが。。。確かに表紙は意味ありげですね、これみると親子っていうのがわかりますな。前巻で大きな死亡フラグを立てたニコですが、どうなるでしょう?まあ、王がいなくなるっていうのはないだろうから、生きて帰るか?それとも、今までのフラグとして、強制アンインストールか。まあ、そのためのパドさんのレベルアップか?とりあえず次巻待ってます。
- コメント(0) - 2013年7月28日

メタトロンちゃんマジ大天使。 青龍戦は早く終わらせた感じ、もっと延びるかと思った。 レベル制があるがレベル数に意味持たせてるので、急に強くするには 新技か装備を強くしないといけない制限有のため、 メタトロンウイングですか。ディザスターの時と変わらない、装備で強くなるパターン。 赤の王連れ去る途中で終わらせるよりかどっちかで決着着いてから次巻の方が良かった。
★2 - コメント(0) - 2013年7月13日

ats
待ちに待った強化外装が最後の最後にキター。これって一時的ボーナスなんかな?これにゲイルスラスターをアタッチメントで最強飛行アバター!な展開を妄想してしまうアタシは中二病。グラフさんの登場も結構近かったりするんだろか…… 今のイベント終わったからですかね……
★3 - コメント(0) - 2013年7月5日

今回は戦闘に次ぐ戦闘って感じだったかな.まずはカレン救出のためセイリュウとの対戦.カレンとパドさんは親子だったとはね.でもって,次はメタトロンかと思いきや,マゼンダとの再戦.この途中でメタトロン乱入で,続けてメタトロン戦に.結局,メタトロンは倒せずに,テイムしていた冠を壊して一息.と思ったら,今度は本命の加速研究会のパイスとアレイとの戦闘に.ちなみにパドさんはカレンを救出してたまっていたポイントで一気にレベル6から8にアップ.次は遂に加速研究会との戦闘かな.
★5 - コメント(0) - 2013年7月5日

 カレント救出とメタトロン攻略の2大ミッション。意外と救出ミッションは手早く終えて、小休止の後メタトロン攻略ミッションへ。  待ち伏せていた敵との対戦、地上に降臨するという想定外の行動をとるメタトロンとの総力戦へ。光学誘導で敵まで守ろうとするハルと、敵でなく、同じバーストリンカーとしてマゼンタ・シザーたちを含める10人の仲間がハルを支えるという熱い展開。  それらを終えたと思ったら、ニコに牙をむくバイスとアルゴン。約束を守るためにクロウは新たな力(羽)を持って全力で飛ぶ。と息をつかせぬ展開で引き。次早く…
★7 - コメント(0) - 2013年6月28日

この作者の場合、下手すると(下手しなくても?)今巻で青龍戦すら終わらないことまで考えられたと思うので、メタトロン戦まで終わったのは御の字だと思う。今までの伏線、そして前巻のニコ推しから何かあるとは思っていたが、最後の最後に来た。彼女が攫われ(かけ)た理由は、加速研究会の黒幕(だろうと思われる人物)のことを考えるならば、やはりそういうことなのだろうか。
- コメント(0) - 2013年6月25日

アクア・カレント救出作戦からのメタトロン討伐作戦。 大きく分けて2つの事が起きたこの巻、とても熱かったですね。 正直、この巻でISSキット編も完結とか思ってました。 幻想でした。
★4 - コメント(0) - 2013年6月24日

うーん、メタトロンはなんでやってきたのかな、連中にけしかけられたってことなんだろうかね? 話を盛り上げるために時折無理を通す気がするなこの人の作品は。都合が良いって言うか。で、そのメタトロンが何故か貸してくれた力でパワーアップして、燃える展開で次巻に続いているわけですけど、傾向的に、次巻の最初であっさりケリがつくでしょうね。まあ、メインはISSキット破壊だろうから良いんだけどね。しかし、シトロンコールはやっぱり便利。チユも心意を覚える事になるんですかね。タクムの心理状態がちょっと不安定なのが気にかかります
★3 - コメント(0) - 2013年6月23日

東京ミッドタウンタワー攻略の為に、アクアカレントを救い出す為に、シルバークロウ達ネガ・ネビュラス&スカーレット・レイン、ブラッドレパードの総勢8人が帝城東門に進軍する。本当の作戦の前哨戦に神級エネミーと戦う事を余儀無くされたハルユキ達だが、綿密に練られた作戦と、レパードの機転によって窮地を脱し、見事にカレントを救出。そして今作戦の本番ともいえるミッドタウンタワー攻略戦。待ち受けていたのは仇敵マゼンタ・シザーを含む14人のISSキット装着者達。ハルユキ達が激闘を繰り広げる最中、空から災厄の天使が舞い降りる。
★4 - コメント(0) - 2013年6月23日

メタトロンまじ天使!マゼンタさん、ISSキット装備してるのに意志力?すごいな。何がそこまでさせてるのか気になる。ボスを撃破してようやくダンジョン突入のところで現れる加速研究会のメンバー。ボスラッシュが続いてるハルユキたちは勝てるのか!?
- コメント(0) - 2013年6月14日

エネミーが主題になると、SAOっぽい感じがするね。SAOも対人戦あるのにねw/また続いてしまったか。ストーリー的に今回は大丈夫だと思ってたのにw黒雪姫が言ってた通り、次回に凄い展開が待ってることを期待しましょうか/ミッドタウンタワーで無制限中立フィールドにダイブして、直後にニューロリンカーを外してもらってから現実世界で移動して再度ダイブすれば、ミッドタウンタワー内部から始められるよね?ダメなの?/なんで語り部はパドだけさん付けなの?ハルユキ視点というより作者視点なの?w/パドがプロミに入った理由が気になる
★16 - コメント(1) - 2013年6月12日
ブリットダリル
と思ったら、DVD/BD8巻初回限定版の特典小説で本名ごと公開されてるみたいじゃないですかやだー。
- 06/12 23:14


バトルバトルバトルという展開で個人的に大満足です。しかしセイリュウ戦100ページなら前の巻にくっつけとけよと思うわけで。しかも毎度のことながら続くし。こういう構成はなんとかならんかなー。 まぁ内容の方はバトル中心だったので満足です。早く続きを!というのも毎度のことになっちゃってますが。敵の本丸での直接対決になりそうなので、決着はつかなくとも熱い展開になることを期待しております。
★1 - コメント(0) - 2013年6月8日

やっとメタトロンかと思ったら戦闘短! ってかダイブ時間パネーよこれww
- コメント(0) - --/--

全員表示 | ネタバレ

アクセル・ワールドシリーズ

ログイン新規登録(無料)