とんがり帽子のアトリエ(1) (モーニング KC)/白浜鴎のネタバレ(18件)

全員表示 | ネタバレ
610
絵が綺麗で気になっていた作品。ファンタジーだったので、敬遠をしていたのだが他の方のレビューを読んだらファンタジーが苦手とか言ってる場合ではない!と思って、購入をしてみたら正解だった。ファンタジーって夢があるなって。ファンタジーってわくわくするし、夢がある。そんな気がする。2巻の発売が待ち遠しい作品である。
★23 - コメント(0) - 2月23日

まるで絵本のような、王道ファンタジー。白浜先生安定の緻密さ、美しさ。Twitterなどでけっこう話題になってて、以前から先生のファンとしては嬉しい限り(^ ^) やっぱり講談社さん売り出し方上手いのかな。 こういう純粋なファンタジーなんて、最近全然読んでいなかったんですが、やっぱり子供のころのワクワクした気持ちを思い出します。絵を描くのが好きな人なら、一度はこんな世界を考えたことがあるんじゃないかしら?しかも子どもたちはかわいいし、イケメガネな先生もすてき、謎も気になる!色んな人におすすめしたい作品〜〜
★11 - コメント(0) - 2月18日

緻密な絵で繰り広げられる王道魔法ファンタジー!表紙に一目惚れして衝動買いしたんですが、よかったー!小さな村に母親と住む少女・ココ。ココは魔法使いに強い憧れを抱いていますが、「知らざる者」である人間のココはその夢を諦めていました。そんな時に村を訪れた魔法使い・キーフリーの魔法を、見てはいけないと言われていたのに見てしまい―。ここから物語は展開していくのですが、魔法使いや魔女の本を読んで夢見ていた小さな頃のわくわく感がよみがえってきました。線の書き込み具合がたまらないです!絵が好きな方必見です!!
★9 - コメント(0) - 2月17日

ネットで見たときから気になってた漫画だけど、期待に違わずワクワクできたわ。最近この手の魔女の出てくるファンタジーは多いけどあたりも多い印象。
★5 - コメント(0) - 2月16日

絵がとても美しくて丁寧で、漫画なんだけど1コマ1コマがきちんとイラストとしても成立している感じで素晴らしい。お話もザ・魔法ファンタジーで、帯のヤマザキコレ先生のコメントにもあるように「外国のファンタジーを読んでいる」感覚。表紙もA6判ハードカバーの装丁みたいな。読んでいて充実感がある。…なんだけど、どうしても「上質な魔法陣グルグル」という感想が頭から離れません! 魔法陣を描いたり失敗したりしてるからか!? 
★8 - コメント(0) - 2月5日

いきなり魔法の世界に飛び込むことになった少女ココが主人公の魔法ファンタジー漫画1巻。この作者の前作『エニデヴィ』を読んだ時に感じた、細密な絵とラブコメストーリーの違和感が一気に払拭される。これだこれこれ!絵は1ページ1ページ見応え充分だし、美しくも不思議な魔法の世界と絵柄がベストマッチ!帯に『魔法使いの嫁』作者のヤマザキコレの推薦文、そのまほよめと同じぐらい続きが楽しみな漫画。まほよめファンの方、読んでみて!
★42 - コメント(0) - 2月5日

絵が可愛くて好みです。細かくて丁寧だけど、適度にこなれてるというか。目玉の魔法使いはラスボスっぽいから、最終回に出てくるのだろうと勝手に思っていたら、一巻ラスト間際にもう出てきたよ!あんなちびっこたちだけでどうするの?というとこで続く…。二巻発売は夏かー。長いなあ。
★7 - コメント(0) - 2月2日

ycm
背景が繋がってるコマ割りに惹かれて購入。現段階だとまあ普通くらいかな?ただ、ありがとうにありがとうは名言だと思う。悪役もちゃんといるみたいだし、展開次第では化ける作品じゃないかと思います。絵は素晴らしかったです、ハルタっぽい感じで。どうでもいいですけど子供に薄い本は売っちゃダメでしょ。18禁どころか全年齢禁の本だったわけだけど。
★19 - コメント(0) - 2月2日

丁寧な絵柄、優しい表情をするキャラ そうして、魔法という大きな力に振り回されている人間世界 主人公の母親がカンテラを掲げたまま石化してしまい、主人公がその母を戻す為に魔法を学ぶ その掲げたカンテラの灯りが主人公の迷い多き道を照らす光でありますように
★6 - コメント(0) - 1月30日

ちょーーーーーう、素敵。なんだけど、ちょっと気になるのが、「大事なところ言葉で説明しちゃってるなあ」っていうところ。絵も世界観もいい。でも作者が消化しきれてない印象を受ける。キャラクターもステレオタイプなかんじ(わざとかな?)。これは、二巻以降ストーリーテリングも問われるなあって思った。多くを求めすぎ? それだけ期待してるってことです。
★6 - コメント(0) - 1月30日

帯にも書かれている、Twitterで話題になった背景の続く三コマが気になっていて手に取った。1ページ目からこの作者は絵がうまいなと思ったが、西洋の絵画のような絵、メタ的な描き方、コマに蔦が絡んだりドラゴンの爪がかかっていたりと演出も面白い。主人公のこれからが楽しみ。
★6 - コメント(0) - 1月29日

Twitter経由で某作品と書店でキャンペーンが貼られていたことで作品を知り地元書店で衝動買いに近い形で購入。魔法使いでもファンタジーとして王道中の王道で話しの運び方も説得力があり世界観の描き方も素晴らしくて感動した。作画も背景からキャラクター小物まで綿密に描写で不満は全くない。人格者でありある人物を追う師匠はともかくその弟子の女の子たちは主人公ココと仲良く出来たらいいが…。面白かっただけにこの単行本最後の引きで単行本待ちで半年待つのは辛いにもほどがあるなあ。早く続きを読みたい。
★4 - コメント(0) - 1月28日

こういうガチのファンタジー待っていた!!表紙から絵がものすごく巧いことは分かってたので、内容まで伴わない雰囲気漫画かな〜〜とあまり期待はせずに買ったのですが、内容もちゃんと面白かった!!魔法ってその漫画や小説によってどんなものを魔法と呼ぶかの定義が違うんだけど、この漫画の魔法はあるようで見たことがなく、ノスタルジックな世界観と相待って読んでるあいだ素敵な世界へと誘ってくれる感じがした。まぁすこーーし、え?なんで??と思うところはあったんですが、次巻も楽しみにしてます♬
★21 - コメント(0) - 1月28日

書店のお試し読み1話目を読んでみたら、絵柄のふんわりレトロ可愛さに反してダークファンタジーな要素があったのと、世界観の奥行に魅かれて。魔法使いに憧れているものの使える人は限られている世界において、好奇心から絶望的なアクシデントを起こし、横紙破りな形で魔法を学ぶことになった主人公。若い頃はどうやら問題児だったらしきイケメガネ(笑)師匠と彼の生徒達と寮生活みたいな・・主人公も他の魔女っ子も可愛い。幼い頃から学んでようやく見習いにまで上がって来た優等生にしたら、一足飛びに同じ立場に飛び込んできた主人公が<続> 
★1 - コメント(1) - 1月27日
mayama@春いちばん
<続>気に入らなくて少し意地悪な気持ちになるのもわからないでも・・ただ、それでも彼女の事情の重さを思うと出来れば彼女達が皆仲良くなっていったらいいなあ。魔法にも色々な種類や方法論や使い方、禁忌があったりとハリポタを思わせる土台のしっかりした魔法使いがでてくるファンタジー。レトロ可愛い絵柄の細やかさとダイナミックさが凄くいいです。魔女見習いの女の子達も可愛いので、次の巻も楽しみです。
- 02/12 18:05


絵の愛らしさ、美しさにつられて購入。期待にたがわない表現力で魔法のある世界を描いて読ませる。生き生きとした少女の表情と、緻密につくられた設定が楽しい。魔法の禁忌を犯そうとするものたちの思惑を、知らぬまに背負ってしまった主人公の今後が楽しみ。
★5 - コメント(0) - 1月26日

魔法の説明はきらきらして面白いけどはじめっから不穏な影が...少女たちの関係が良いものになりますように。そのへん先生頼りないもの...
★3 - コメント(0) - 1月26日

魔法は血統関係なく道具があれば誰でも「書く」ことができるという発想が面白かった。絵も綺麗だし続きが楽しみ。
★1 - コメント(0) - 1月25日

aoi
田舎の小さな村で、仕立て屋を営む母と二人暮らしの娘、ココ。彼女は母に咎められながらも魔法使いへの憧れを抱いていた。幼い頃にお祭りで出会った、仮面をつけた魔法使いから絵本を買ったことがきっかけだ。ある日、彼女は来客としてやってきた魔法使いキーフリーが魔法の使うところを盗み見てしまう。魔法使いへの憧れを捨てきれない彼女は、絵本を見ながら魔法を試したところ予想もしない出来事が起き──。魔法使いを目指し修行をすることになった少女の物語。第1〜5話収録。Twitterで話題にあがったのをきっかけに読了。続く→
★9 - コメント(1) - 1月24日
aoi
画力の高さは前作『エニデビィ』を過去に古本屋で立ち読みしていたので知っていたが、作風(主に内容)が好みではなかった。話題に釣られ悩みながら購読し始め、気付いたらその思いを吹き飛ばすほど本作を好きになっていた。ココのような、純心で健気に頑張る少女大好きなんですよ……。同じく修行する少女ら3人もそれぞれ個性豊か、かつ容姿可愛くてキュンキュンします。ストーリーは王道展開なのも良いですね、失敗をしつつそれを次に活かして努力し成長する様子は見ていて気持ち良いです。次巻も楽しみ。
- 01/28 12:03


全員表示 | ネタバレ
ログイン新規登録(無料)