世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる/久賀谷亮のネタバレ(11件)

全員表示 | ネタバレ
瞑想により脳の構造を変え、集中力を高めることが目的。脳の80%のエネルギーを消費するアイドリングは放っておいても活動するため、雑念が絶えず、知らず知らずに疲れが溜まっている。要はこの活動を抑制するのが瞑想。人は過去の後悔などを反復思考したり、将来の不安などを膨らませ、脳を疲労させているが、瞑想により、考えに対して傍観者になることで自分と考えを区別できる。結果、繰り返される考えに対して、考えの前提を考えたり、自分の中の深い願望を探ったり、客観的に対処できる。さまよう心に気づき、今ここに集中することが大事。
★9 - コメント(0) - 3月6日

資生堂のマインドフルネス洗顔を夕方のニュースで観て、マインドフルネスに興味を持った。歩行瞑想をするようになったし、ベーグルを食べたくなって、自分でも作ってみたりして、なかなか行動的な本であった。途中思考のループが発生した。今後は、もう十分考えたと捨てて、例外を考え、賢者の目線を持ち、善し悪しで判断しない!やってみる。
★11 - コメント(0) - 1月25日

前半にマインドフルネスの方法が書いてあり、後半は物語でマインドフルネスの実際の活用方法と効果が説明されている。非常に読みやすいが、マインドフルネスに関しては実践してみないと意味がないので、実践して習慣化しないと効果は測れない。
★3 - コメント(0) - 1月10日

書店のお勧め本などによく瞑想がいいというタイトルが多くあるので、なんとなく瞑想は疲れにいいということは知っていた。この本はストーリー仕立てで瞑想の良さ、効果を説明していたので、個人的に読みやすかった。思考のループを行いがちなのでモンキーマインド解消法を、また、体の調子を整えるため、さっそくボディスキャンを試してみようと思う。
★4 - コメント(0) - 1月3日

Googleのsearch inside yourselfの本は積まれたままですが。マインドフルネスの入門としてはなかなか良いかと。ストーリー仕立ては好みが分かれるかもしれませんが。私自身がマインドフルネスを網羅的に知っているわけではないのですが、この本を読んで、自分にヒットした部分を別途掘り下げていくという感じで活用できるかと。個人的には睡眠のところはちょっと不満。とりあえず『気持ちを落ち着けて自分の呼吸に意識を傾ける。雑念?が浮かんでも気にせずまた呼吸に意識を戻す』というのが大事ってことでしょうか。
★7 - コメント(0) - 2016年11月28日

集中力を高めることが最近の僕の課題です。再確認も多いけど、中々の良書でした。 ・呼吸に注意を向ける(今ここにいる状態を体得する。つまり過去や未来のことを考えない) ・脳を変えるには習慣が大丈夫(瞑想が良い) ・マルチタスクは脳の集中力を下げる(色んな本に書いてある) ・睡眠スケジュール法を作り実践する(寝る前にスマホ見ない、就寝の儀式を持つ) ・他人や社会に対して感謝する気持ちを持っている人の方が幸福度が高い
★5 - コメント(0) - 2016年11月19日

ダイヤモンド社のマインドフルネス本。「嫌われる勇気」と同じような対話形式で、主役の女の子が物語風にマインドフルネスについて学んでいく。雑念を猿に例えた上で、『自分の目の前を猿が乗った電車が通り過ぎていく、と考えれば、気持ちが楽になる』、というモンキーマインドの考え方が印象に残った。
★11 - コメント(0) - 2016年11月19日

脳を休ませるためには、瞑想ですね、ということなんでしょうか。斜め読みですが、確かにネットから遠ざかり、はじめての所に旅行すると、体はつかれていても、スッキリした感じはする。つまり、そういうこと?
★2 - コメント(0) - 2016年11月11日

ボーっとしている時も働いている脳の回路DMN。これを休めない限り、脳の疲れは取れないのだそうです。私たちの頭の中を占めているのは、ほとんど過去や未来のことです。過去や未来でなく「いまここ」を生きる時間が、脳の休息時間。呼吸に注意を向けることがコツなのだそうですが、呼吸に集中しようと思っても、過去や未来の事が頭に浮かんできます。「いまここ」を生きることの難しさ=脳の休息の難しさを感じました。休息がこんなに真剣さを要するものだとは。でも、注意力散漫なのが直るかもしれないので、本気で休息しようと思います。
★8 - コメント(0) - 2016年11月1日

瞑想➡︎呼吸法➡︎深く、ゆっくり。
★9 - コメント(0) - 2016年10月20日

疲れには身体的なもの,脳的なものがある. 脳は何もしていない時でも常に働いている(DMN) ただ眠るだけでは,脳は休まらない. 過去,未来のことにフォーカスをあわせると脳が疲れる. 瞑想をすることにより,現在にフォーカスをあわせる. さらにDMNの働きを抑制することができ脳を休めることができる. 今に集中することで,集中力が向上する
★1 - コメント(0) - 2016年9月11日

全員表示 | ネタバレ
ログイン新規登録(無料)