バーナード嬢曰く。 3 (IDコミックス REXコミックス)/施川ユウキのネタバレ(26件)

全員表示 | ネタバレ
今までで一番面白かったかもしれない。停電した図書室で、アルコールランプを頼りに読書。プールに足だけ突っ込んで読書。青春だなー。やっぱりしっかり読書してるなと思える最後の熊嵐の話は良かった。読書好き=うまく感想を纏められる、ではないしな。ブツ切れでもうろ覚えでも、アレだけ伝えられて、さらに読みたいと思わせられたら凄いと思う。自分も読みたくなった。坂口安吾読んでさわ子が泣いたのは、感動したからなのか、歯痛が限界だったからなのか。神林とさわ子の喧嘩がちょっと微笑ましい。神林の怒りは分かるけども。
★14 - コメント(0) - 2月11日

3巻も面白かった。町田さわ子、友達の借りた本にジュースこぼすなんて…神林しおりじゃなくて怒りますよ…読書しながら飲み物は飲むけど、さすがに食べ物は食べないな。エドワードゴーリーも出てきてテンション上がる。火の鳥は、学生時代に図書館にあったけど絵が怖くて読まなかった。しかし、はだしのゲンは読んだ記憶があるな。羆嵐が気になるわ。歯が痛い時に読む本…流石に読む気になれないな。もっと怖くなるわ!町田さわ子と神林しおりの距離がだんだん近づいてますね〜まだまだ続くのかな?すごい楽しみ!私も猫に本を読むの邪魔されたい。
★46 - コメント(0) - 1月28日

SF作品の充実から、どんどん幅広くなってってるなぁ。最初からシャーロキアンもいるし、ちょっと前の流行作品読み漁ってる人とかいるけども、バリエーションが豊富になってて面白くなってる。「高慢と偏見」は男性が読んでも面白く感じられるのかなぁ?と疑問が。女性受けは良さそうですけど。借り物は汚さないって意識のない人って絶対的にいるからなぁ。素直に謝ってる分ド嬢は良い子だと思います。図書館にある長編マンガに横山光輝三国志も入れてください!あったけど読めなかった私が押します!
★26 - コメント(0) - 1月15日

貸した本にジュースや食べこぼしをぶちまけたり図書室の本で虫を潰そうとしたりさわ子には本を貸したくないな…と思ってしまった。それにしても図書室で毎回大分騒いでますけど他に生徒いないんでしょうか?
★10 - コメント(0) - 1月8日

いろんな本が紹介されますが、あるあるネタが混じっていておもしろかったです。気になっていた『タタール人の砂漠』がどんな内容なのか知ることができてよかったです。
★13 - コメント(0) - 1月4日

新年読了一冊目。もう「バーナード嬢」関係ないよね。みんな普通に本名で呼んでるし。1・2巻ほどの面白さはなかったかな。人に借りた本を雑に扱ったり期限を過ぎても返さない町田さわ子の性格はちょっと苦手。『火の鳥』の「我王!!」「ロビタ!!」には笑いました。『火の鳥』は何年も前に図書館で数冊読んだだけ(しかも何編かも覚えていない)だから我王もロビタも知らないんですけどね。やっぱり私は町田さわ子以上にニワカっぽいです(笑)
★27 - コメント(0) - 1月1日

さわ子と神林さんの友情が微笑ましい。本棚の蔭からそっと見守っていたい…。神林さんが可愛い可愛い。神林さんのスピンオフが出たら読みたい。『地下室の手記』を読んださわ子の「この人何言ってんの!?」に笑った。私も読んだことがあるけれど、主人公が引くぐらい鬱屈している話だったことしか憶えてない。また再読してみようかな。
★3 - コメント(0) - 2016年12月14日

「読書漫画」第3弾。2巻までは4人の連帯感はあまり感じませんでしたが、本巻では4人での会話が乗ってきました。単なる本の感想にとどまらず、読書に集中できる環境や読書会や古本屋のことや挫折した本等々の読書家ならではの話も挟まれ、内容に深みが出てきました。個人的には、冒頭の「死」をテーマにした「人間臨終図鑑(山田風太郎)」に興味を持ちました。また、挫折しかけている本を見切るタイミングを語っているシーンがありますが、私は未練がましく見切れないタイプです。人生は有限なので早く見切った方が良いとも思うのですが・・・。
★47 - コメント(1) - 2016年12月4日
キック
本の染みの話が出てきますが、私がガッカリする瞬間は、綺麗な本を選んで買ったのに、読み始めてみると数ページに亘って折り曲がって毀損していることに気がついた時です。また、今も後悔しているのは、本が絶版になるということを知らず、中高生の頃に気に入っていた思い出の本を大量に捨ててしまったことです。
- 12/04 11:00


本について思いっきり語り合える友人のいる学生時代、なんて素晴らしくうらやましい。
★15 - コメント(0) - 2016年12月4日

この子達が大層楽しそうで、自分も同じ本読んでみたくなるので、「友達が楽しそうに喋っている姿を見るほうが、ずっと強く『読みたい』と思わせられる」というセリフの説得力が強い
★21 - コメント(0) - 2016年12月2日

読書家ぶりたい町田さわ子を中心に、本当の読書家で少々めんどくさい遠藤くん、SFマニア神林さん、シャーロキアン長谷川さんの4名が本について語りまくる漫画3巻。町田さわ子以外の3人は相変わらず真面目に読んで真面目に語り、つられて町田さわ子もずいぶんと読むようになったような。この漫画を読んでいると、自分が狭いジャンルの、しかも読みやすいものばかり読んでいるなあと感じる。難しそうな本「だから」読んでみようなんて最近思った事すらないな(^_^;)相変わらず絵はアレだけど、本への愛情をひしひしと感じる良い漫画。
★60 - コメント(0) - 2016年11月20日

D
「羅生門⚫鼻」「学研まんが 宇宙のひみつ」「火の鳥 黎明編」「火の鳥 ヤマト⚫異形編」「火の鳥 鳳凰編」「火の鳥 太陽編」しか読んでいない(>.<)私もスミカ嬢と同じく「火の鳥」なら鳳凰編推し。仏像好きの遺伝子を叩き込まれた。
★39 - コメント(0) - 2016年11月14日

「人生変えるのも本を読むのも面倒くさい!」で、良かったんじゃないでしょうか…それでこそド嬢だろう。SFが多いのはしおりたんの影響なんだろうけど、もうちょっと他のジャンルに広げられないものか。それにしても、長谷川スミカさんは、遠藤君に片思いをしながら、ド嬢にちーっとも嫉妬しないところがかわいい。というか、えらい。2巻のシャーロキアンでキレたようなおたくっぷりをまた、長谷川さんで見てみたい。で、皆さまが既に語られているように、この4人の不思議な関係性、すごく貴重で面白い。既にマイプライベート読書仲間なのでは。
★22 - コメント(0) - 2016年11月14日

「何度でも聞くよ?」   こんなん…、こんなん全てのオタクの嫁になれ…!!!(錯乱)  誰だって勘違いするわ!!! 「犬は勘定に入れません」はいつか読んでみたいと思ってたから元ネタがあったことを知れて得した。ありがとう神林さん。今後ともその調子でお願いします。ド嬢と共に。
★21 - コメント(2) - 2016年11月8日
YO
いつの間にそこまでラブラブになったのか! 私だってそんなこと言ってもらいたいです(><)
- 11/08 20:55

十二月の雀
え?何度でも聞くよ?
- 11/08 22:29


今まで登場するのはSF小説が多めだなと思っていたけれど、3巻はスティーブン・ミルハウザーにエドワード・ゴーリーに、アンナ・カヴァンなどなど知っている本が沢山出てきて、嬉しくてニヤニヤ。ド嬢と神林たち、そしてド嬢と本の関係も少しずつ深くなって来ていて、じんわりあたたかい気持ちになります。
★13 - コメント(0) - 2016年11月3日

我王!ロビタ!!代表作は『円環少女』!!!神林とド嬢の漫才が相変わらず素晴らしい。本で遊ぼうよ!の絶妙に人をイラつかせるド嬢の顔も最高。それにしてもいろんな雑誌や作品の応援冊子など出張掲載が増えてんだなぁ。シン・ゴジラの形態模写で盛り上がるオチに和んだ。
★18 - コメント(0) - 2016年10月31日

気づけば3巻発売&テレビアニメ化。 ド嬢と神林の仲が中心に描かれている感じかな。 相変わらず読みたいSF作品が増えますなぁ。 今回紹介された中ではシリウスが面白そう。 そして、未だに周ロックホームズが手に入りません…。
★20 - コメント(0) - 2016年10月31日

グータラなファッション読書家のように思われたド嬢も今やすっかり読書家のはしくれ…な印象の第3巻。正直人より少し余計に本を読んでいると思ってた私よりも、今のド嬢の方がたくさん(しかも結構幅広く)本を読んでるような気がします。更にいいのはド嬢を中心として生まれた読書仲間の輪。自然で押しつけがましさを感じない関係にほんわか…。彼らの読書する様子に当てられて私ももっともっと本が読みたくなる。本当に読書欲をかきたてられる漫画です。
★15 - コメント(0) - 2016年10月30日

「タタール人の砂漠」をばっさり。身も蓋もないぞー、と笑ってしまう楽しく読んだ40代でした。虫歯読書と神林のラップ最高だった。高校生の読書サークルだと思うとほんとパラダイスだなぁ。
★40 - コメント(4) - 2016年10月30日
iku
ほんと、パラダイスですね〜。羨ましいです。
- 10/31 23:02

青椅子
ほんとに!
- 11/02 06:30


神林さん「ふしだらだぞ!!」ド嬢「ふしだら!?」ぼく「ふしだら!?……すみません、ふしだらです……」
★10 - コメント(0) - 2016年10月30日

これは・・読書百合!! 自分と似たカースト低めなバーナード嬢達が好きだったけど、彼女たちはもう高みの存在になっていた・・プールに足ぱちゃぱちゃしながら読書とか。水泳部が来て怒鳴られるオチを望んだ自分が間違ってました。 バーナード嬢が1番他者を受け入れてるし、1巻の面倒臭い奴はどこに行ったん。(いや、勿論面白いのだけど)
★14 - コメント(0) - 2016年10月29日

続きがまた読めて幸せです!今回は私の既読の本が多くて嬉しいです。(火の鳥は勿論高い城の男、モルグ街の怪事件、はてはマニアックなアンナ・カヴァン「氷」まで)私も友達少ないので本の事を好きなだけ語れるリア友って居ないので、読メ友だけが唯一の心の丈を語れる場です。今回も割と心に刺さる一言がありましたよねー! 「何度でも聞くよ?」そして熊嵐にはちょっとどころかかなりそそられましたー。粗筋を正確に伝えるかよりも笑ったり堪えきれず吹いたりの何かすっかりトリコになった様なリアクション、これ程引き込むモノも無いですよね。
★67 - コメント(0) - 2016年10月29日

私もさわ子たちの仲間に入りたい!としか言えない3巻目。本を汚されたしおりの気持ちと、キツくあたってしまったあとの後悔。わかるよ〜!!(泣)あーほんと仲間に入りたいな。
★24 - コメント(0) - 2016年10月28日

町田さわ子がかなり読書している第3巻。図書室の面々がごく自然に本友達していて微笑ましく、神林さんは可愛い(ぱちゃぱちゃとシン・ゴジラの物真似に特に悶えた)。既読の本について語られると嬉しくなり、未読の本は読んでみたくなる良い漫画。図書室に置かれるべきだと思う。
★10 - コメント(0) - 2016年10月28日

(誤字訂正)最後の長谷川さんの言葉で持って行かれるよ!そして対極にあるのが、31冊目の最後「そのうち買おうと思ってた本の帯がよくわからないB級タレントの推薦コメントに変わっていて、買う気なくしたー!」だ!タレントのクラスに関係なく、帯コメがタレントだと買う気が萎える。帯で力説されればされるほど!/絵本の表紙が、たばこでヤキ入れた痕だらけ……ってくだり。怖い。怖すぎる。直前に読んだ本が鬱屈した精神の人が出るホラーだったからかもしれないが。
★14 - コメント(0) - 2016年10月27日

神林とさわ子の、特別な関係が随所に見てとれる。微笑ましいくらいだ。3巻にもなると、さわ子は完読もやや増えている。神林や遠藤、長谷川さんという共通の友人が、本を読む環境を育んでるなと。ビブリオバトルのくだりは、さわ子は読んだ本の熱を、文書化しないで伝えてるんだな。本質にかすらない表現のあらばかり見てはいかんね。ツッコミが本分ならやむ無し。
★109 - コメント(1) - 2016年10月27日
こじまん
せっかくなので羆嵐を読了。感想はタイトルのほうにて。
- 11/06 15:08


全員表示 | ネタバレ

バーナード嬢曰く。シリーズ

ログイン新規登録(無料)