九月が永遠に続けばのr_puputaさんの感想

いろんな感情が交錯して息苦しいストーリーだったが、文章が鮮やかで場面が浮かんでくるようでぐいぐい引っ張られて読んでしまった。いろんなことの理由が最終的に判らないままだけれど、なぜ惹かれるのか、なぜ嫌悪を覚えるのか、そこに明確に語られる理由なんて無いのだろうな、と、読み終わってから思った。なんとも情念の渦巻く本だった・・・。
★22 - コメント(0) - 2011年9月21日

感想・レビュー投稿者

409冊/137595ページ/女性/IT関係

r_puputaさんの最近の感想・レビュー

本日は大安なり
4組のカップルが同時進行で進んでいくのですがこんがらがることなくどの話にもすっと入っていけた双子ちゃ…続きを読む
魔法使いの弟子たち
一気読みするだろうと思い、土日にかけて読みました。最初は科学ミステリーかと思ったのですが予想の斜め上…続きを読む
震度0
64を読んだので勢いで。なんか気持ちの悪い大人がいっぱい出てきた・・・という感じ。みんなこんなもんな…続きを読む
ブラザー・サン シスター・ムーン
恩田陸さんは、「ドミノ」「6番目の小夜子」に続いて3作目。なんだかどれも作風が違う方なんだなあ・・・…続きを読む
ラバー・ソウル
【ネタバレ】なんとも切なく悲しく美しい小説でした。主人公はどうしてこんなに綺麗な気持ちで育つことがで…続きを読む
64(ロクヨン)
64
この厚みに見合った重厚な人間関係の記述、主人公の気持ちのブレが手に取るように伝わってきて、どうするの…続きを読む
ログイン新規登録(無料)