あたまをなくしたおとこのぽこあぽさんの感想

図書館でタイトルに惹かれて借りてみた。奇想天外な話でどう展開するんだとワクワクしながら読んでたが、オチが無難過ぎた感じ(笑)。マックロスキーの描く20世紀前半のアメリカの牧場やお祭りの様子は見応えあり。(アメリカでは1942年が初版。日本では2011年が初訳)
★4 - コメント(0) - 2012年3月4日

感想・レビュー投稿者

396冊/35713ページ/女性

ぽこあぽさんの最近の感想・レビュー

こけしのゆめ
ちょっと絵が怖い。好みが分かれる絵本なのでは? (MOE絵本屋さん大賞2014 20位)続きを読む
なにからできているでしょーか? (コドモエ[kodomoe]のえほん)
子供に馴染みのおにぎり、ハンバーガー、餃子などがどんな食べ物を材料にしているか、楽しいイラストで描い…続きを読む
ちきばんにゃー
MOE絵本屋さん大賞2014 17位。 版画のダイナミックな構図と音の響きが楽しい、エネルギーを感じ…続きを読む
えを かく かく かく
MOE絵本屋さん大賞2014で紹介されていた(22位)ので読んでみた。のびやかで自由な色遣いの動物が…続きを読む
不思議で美しい「空の色彩」図鑑
様々な空の美しい写真と共に、どうしてそういう空が現れるのか、いつ頃現れやすいのかなどが解説されていて…続きを読む
[新世界]透明標本2: New World Transparent Specimens 2
図書館の新着本コーナーにあったので立ち読みw 透明標本というものを初めて見た(写真集)。美しくてそし…続きを読む
ログイン新規登録(無料)