アンドロギュノスの裔 (渡辺温全集)の利華花遥さんの感想

古めかしくしているレプリカではなく本物のレトロの持つ芳醇さを思う存分味わえる一冊。それでも現代と地続きの小気味のよいテンポで読みやすく、世界に浸れる。当時としては最先端技術であったのであろうシネマトグラフィへの言及が多いのがほほえましい。
★7 - コメント(0) - 2012年4月24日

感想・レビュー投稿者

115冊/18158ページ/55レビュー/女性/32/販売系

利華花遥さんの最近の感想・レビュー

向ヒ兎堂日記 1 (BUNCH COMICS)
絵が可愛いだけじゃなくて話もしっかり描かれていたので先が楽しみ。続きを読む
うどんの国の金色毛鞠 1 (BUNCH COMICS)
主人公の成長変化が大きく絡んでるらしいところが、似たような他の作品とはちょっと違う凄みがあってそこが…続きを読む
博士の愛した数式
美しいお話だった。美しさと言うものは、時に現実から離れ、ウソと、逃避と、欺瞞にまみれるものなのに、こ…続きを読む
ばらかもん 2 (ガンガンコミックスONLINE)
にゃんことか、じーちゃんとかばーちゃんとか腐女子とか、脇役たちが縦横無尽に活躍しまくる上り調子の一冊…続きを読む
ばらかもん(1) (ガンガンコミックスONLINE)
久々のヒット。月並みな言い方だけど、うまい、面白い!そしてこれがオンライン漫画からの登場だと言うとこ…続きを読む
進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)
物心ついたときには、ファミコンじゃなくてもうPSをプレイしていただろう君ら、、、と思わせる世代の描く…続きを読む
ログイン新規登録(無料)