永遠の0のゆうさんの感想

★★★★★ 文庫化されて間もなく入手していたのに、今まで積んでいたことを後悔。機械が好きなので零戦そのものの話かと興味をもったが、特攻隊の話だった。特攻で亡くなったという、存在すら知らなかった実の祖父の人物像を調べる中で、戦友たちの口から語られる宮部久蔵というパイロットの姿が次第に見えてくる。祖父の享年と同じ年齢のフリーターの孫が調べるというのも巧い設定だし、最初の戦友に「臆病者」と非難させておいて、次第に本心が見えてくるというのも巧い。伏線も多々あって、ある意味ミステリのような面白さも。
★101 - コメント(7) - 2012年9月8日
ゆう
しかし一番の読みどころは、中国、ミッドウェー、ラバウル、ガダルカナルと激戦地を転戦する宮部の姿を追いながら、あの戦争がいかに負けるべくして負けたか、狂気の時代にいかに若者の命が軽んじられたかが、80歳を超えた老人の体験談から明らかになっていくことだろう。フィクションだけど完全な作り話なんかじゃないし、多くの人が読むべきだと思う。できれば英訳もされないかな。
★9 - 09/09 13:04

ゆう
……私がうーんと小さい頃には、浅草や上野の駅構内には、傷痍兵の方々がちらほら立っていた光景を思い出した。それからつい数年前に父が亡くなった際、海軍時代の写真や寄せ書きされた日章旗や赤紙までがまったく綺麗な状態で納戸の奥から出てきてびっくり。戦争のことは何一つ語ってくれなかったから。……などなど思い出しつつ、最後の1/3はほぼ泣きっぱなしで読んでた。
★9 - 09/09 13:09

ゆう
ちょうど1年前の夏、米国オシュコシュで開催された大規模なエアベンチャー(展示会+エアショーみたいなの)を見に行った時、会場隅っこの原っぱに零戦がひっそりと置いてあった。来場者はみな最新の技術に興味があるのだろうから、私たちの他には誰も足を止めてなかった。実物の零戦は驚くほど小さくて、薄い鉄板に覆われてることは素人目にもわかる。コクピットそばの翼の薄い部分にはカタカナで「ノルナ」って書いてあったよ。
★7 - 09/09 13:20

SASSAN83
零戦の実物を見られたなんて羨ましいです。鉄板の薄さなどは零戦の性能を追求した結果なのかな。あと、「ノルナ」って言葉はその零銭にたまたま書かれてあったのかなと思いました。
★3 - 09/09 13:50

ゆう
>Leonotisさん  性能の追求というよりは、作品中でも何度も触れられてましたが、搭乗員の命を守ることを考えていない設計だったんじゃないかと思いました。さらに言えば、それこそが当時の日本だったのでは。「ノルナ」はたまたまだったのかもしれません(展示用に手入れされてましたし)。でも実機の傷や凹みに触れて、博物館の展示品にはない生々しさを感じました。
★3 - 09/09 14:04

SASSAN83
なるほど。そんな零戦を操縦していたのが自分と同じ20代の若者と思うと、悔しくてつらい気持ちになります。でも、この小説を通じて特攻隊のことを知ることができたので、当時のことを描いた他の作品も読んでみようかなと思いました。コメント、ありがとうございました。
★3 - 09/09 14:53

ゆう
>Leonotisさん  たまたまなのですが、私の祖父は長く陸軍で闘った人で、父(母の再婚相手なので血縁なし)は終戦間近に20歳そこそこで海軍に徴兵されたのでした。戦地に行った本人たちは死ぬまで戦争に関しては口をつぐんでいましたけど、小説にしろ映画にしろ彼らの代弁をしてくれる作品に出会うたび、「他国は口出すな!」と靖国問題について考えるのです。私が長く海外で暮らしているせいもあるかもしれません。コメありがとうございます。
★5 - 09/09 15:15


感想・レビュー投稿者

635冊/153563ページ/女性/その他

ゆうさんの最近の感想・レビュー

Stranger Than Fiction (Penguin Reading Lab, Level 2)
★★★★☆ タイトルを直訳すると『小説よりも奇なり:都市伝説』。…全く期待していなかっ…続きを読む
ずうのめ人形
★★★★☆ 注目してるホラー作家さんの第二作は都市伝説。…業界のキワモノ扱いなオカルト…続きを読む
続・星守る犬
★★★★★+++ 『星守る犬』で拾われなかったもう一匹の犬と、旅の途中で拾った男の子のストーリーの2…続きを読む
星守る犬
★★★★★+ 冒頭で男と犬の遺骨が、朽ちた放置車両から発見される。そしてそこに至るまでの男と犬の『旅…続きを読む
ぼくは猟師になった (新潮文庫)
★★★★★+++ あー面白かった! 獣医を目指してたはずが紆余曲折、京大文学部に入り、バイトの延長の…続きを読む
怪談現場 東京23区 (イカロスのこわい本)
★★★☆☆ 東京の各地域で語り伝えられている怪談と、その現場検証(取材?)が23区別にまとめられてい…続きを読む
ログイン新規登録(無料)