ツバメ号とアマゾン号(下)のANDREさんの感想

序盤、船舶用語や、子供達のキャラクター設定に慣れるまで時間がかかりましたが、上巻の終わりくらいになると一気に作品世界に引きこまれました。大人たちが子供たちの想像力を壊さずに、温かく見守っている感じがとても良い。
★3 - コメント(0) - 2012年10月4日

感想・レビュー投稿者

383冊/110037ページ/269レビュー/男性/36

ANDREさんの最近の感想・レビュー

旅ボン ハワイ編
やっぱり海外の方がエピソードの面白さや意外性の度合いが強くて比べ物にならないくらいに面白いです。続きを読む
ラピスラズリ (ちくま文庫)
冬眠する人々という独特の世界観は面白かったのだけれど、どうも入り込むことができないまま読了してしまい…続きを読む
よろこびの歌 (実業之日本社文庫)
合唱がテーマということで期待したけど、全く合唱が描かれない小説だった。潔く演奏シーンの描写をばっさり…続きを読む
Sacre Bleu: A Comedy d'Art
美術史の有名画家達の名作の裏には彼らを虜にして破滅に追い込む女性と謎の絵の具売りの影が常にあったとい…続きを読む
スフィンクスか、ロボットか (はじめて出逢う世界のおはなし)
フィンランドの作家の中編集。あくまで子供達の日常を描いているんだけれど、わりとずっしりと哲学的なファ…続きを読む
マリアビートル
この本を読むために、仙台に行く新幹線をわざわざ「はやて」に変更。その甲斐あって、ものすごい臨場感で楽…続きを読む
ログイン新規登録(無料)