I Survived the San Francisco Earthquake, 1906巻のゆうさんの感想

★★★★☆ 1906年にサンフランシスコの街をほぼ壊滅状態にした大地震を生き抜く少年の話。実際に起きた大災害を背景に、Leoの勇気や心の成長、友情がメインに描かれている。巻末、著者による地震マメ知識やQ&Aのページが、子供向けの小説ながらリサーチもしっかり行なったのだなぁ、と好感。日本の東北大震災にも触れられている。詳しいレビューはこちら→http://tadoking.com/book.php?asin=0545206995
★6 - コメント(0) - 2012年10月13日

感想・レビュー投稿者

635冊/153563ページ/女性/その他

ゆうさんの最近の感想・レビュー

Stranger Than Fiction (Penguin Reading Lab, Level 2)
★★★★☆ タイトルを直訳すると『小説よりも奇なり:都市伝説』。…全く期待していなかっ…続きを読む
ずうのめ人形
★★★★☆ 注目してるホラー作家さんの第二作は都市伝説。…業界のキワモノ扱いなオカルト…続きを読む
続・星守る犬
★★★★★+++ 『星守る犬』で拾われなかったもう一匹の犬と、旅の途中で拾った男の子のストーリーの2…続きを読む
星守る犬
★★★★★+ 冒頭で男と犬の遺骨が、朽ちた放置車両から発見される。そしてそこに至るまでの男と犬の『旅…続きを読む
ぼくは猟師になった (新潮文庫)
★★★★★+++ あー面白かった! 獣医を目指してたはずが紆余曲折、京大文学部に入り、バイトの延長の…続きを読む
怪談現場 東京23区 (イカロスのこわい本)
★★★☆☆ 東京の各地域で語り伝えられている怪談と、その現場検証(取材?)が23区別にまとめられてい…続きを読む
ログイン新規登録(無料)