ジャパネットからなぜ買いたくなるのか?のKoji Takahashiさんの感想

それは高田社長がコミュニケーションの達人だから。「伝える」と「伝わる」の違いを意識し、コミュニケーションの主役は「受けて」である事を商品紹介の番組中は勿論の事、社員との対話でも実践している事が一つ。もう一つは人をしっかり観ていること。非言語のメッセージを受けとめている事。そんなコミュニケーションの達人を社員が好きになり、みんなで力を合わせて良い会社にしている、だから「商品の良さ」を熱心に伝える事ができるのだろう。商品の先にある「生活」や「感動」を伝える事がミッション、カッコ良い。
★2 - コメント(0) - 2012年11月28日

感想・レビュー投稿者

430冊/95435ページ/男性/49/サービス業

Koji Takahashiさんの最近の感想・レビュー

誤診だらけの認知症
1.アルツハイマー型認知症には3亜型ある。他の認知症も含めて正しく薬を使用しないと悪化させてしまう事…続きを読む
欧米に寝たきり老人はいない - 自分で決める人生最後の医療
「人にはどのように死ぬかを選ぶ権利がある」 その思いを益々強くした。 「欧米に寝たきり老人はいな…続きを読む
薬のやめどき
薬を飲めば健康になるはウソ。多剤投与は副作用が無限に増える。 製薬会社が利益を得るために薬はある。…続きを読む
ムダにならない勉強法
「才能」など無い。「適性」がある。「適性」×「努力の量」=「結果」自分の適性を見極めて結…続きを読む
頑張らなければ、病気は治る
病気は「闘う」から治らない。病気を治すには「否認」「受容」「感謝」の段階がある。「不安」を取り除くに…続きを読む
覚えない記憶術
覚えておく為に「殴り書き」をする、5W1Hを意識する。 出来るだけ直ぐにやる。 意味記憶は覚えにく…続きを読む
ログイン新規登録(無料)