葉桜の季節に君を想うということのゆうさんの感想

★★★★★ 健康商法詐欺による保険金殺人の証拠を掴むよう依頼を受けた元探偵見習い・成瀬が捜査の中で、思い出を語るように挿入される過去のエピソード。その一方で詐欺側の視点のストーリー。まるで短編集のように進んでいくページの半ばから、「これ、この先どうなっちゃうの?このバラバラな伏線が最後は収束するんだろうな」と中断できずにいたら……まさかの叙述トリックってやつ? キャラ一人一人が魅力的だしテーマも希望的で、爽快な読後感。歌野作品はこれで3、4冊目。初読が密室殺人だったので新本格のイメージだった。今後も期待♪
★41 - コメント(0) - 2012年12月1日

感想・レビュー投稿者

635冊/153563ページ/女性/その他

ゆうさんの最近の感想・レビュー

Stranger Than Fiction (Penguin Reading Lab, Level 2)
★★★★☆ タイトルを直訳すると『小説よりも奇なり:都市伝説』。…全く期待していなかっ…続きを読む
ずうのめ人形
★★★★☆ 注目してるホラー作家さんの第二作は都市伝説。…業界のキワモノ扱いなオカルト…続きを読む
続・星守る犬
★★★★★+++ 『星守る犬』で拾われなかったもう一匹の犬と、旅の途中で拾った男の子のストーリーの2…続きを読む
星守る犬
★★★★★+ 冒頭で男と犬の遺骨が、朽ちた放置車両から発見される。そしてそこに至るまでの男と犬の『旅…続きを読む
ぼくは猟師になった (新潮文庫)
★★★★★+++ あー面白かった! 獣医を目指してたはずが紆余曲折、京大文学部に入り、バイトの延長の…続きを読む
怪談現場 東京23区 (イカロスのこわい本)
★★★☆☆ 東京の各地域で語り伝えられている怪談と、その現場検証(取材?)が23区別にまとめられてい…続きを読む
ログイン新規登録(無料)