アンドロギュノスの裔 (渡辺温全集)のゆづたろうさんの感想

中井英夫のエッセイか何かで名前だけは見ていた渡辺温、勧められて読んでみたら素晴らしかった。日常から一歩入り込んだ世界を描く意味での『探偵小説』の醍醐味が詰まりまくっていて、作品ごとの完成度もやたら高い。陰鬱だけど洒落ていて物語としても面白い。読めて良かった!
★5 - コメント(0) - 2012年12月16日

感想・レビュー投稿者

115冊/40017ページ

ゆづたろうさんの最近の感想・レビュー

タイタス・アローン (創元推理文庫―ゴーメンガースト三部作)
独立したSF小説としてもタイタスの青春恋愛小説としても抜群に面白かったが何より凄いのは主人公と読者を…続きを読む
ゴーメンガースト (創元推理文庫―ゴーメンガースト3部作)
ゴーメンガーストそのものを描き切った前作から一転、確立された世界の中での冒険活劇の面白さを存分に堪能…続きを読む
いま見てはいけない (デュ・モーリア傑作集) (創元推理文庫)
『赤い影』という傑出した映画はニコラス・ローグの作家性が隅々まで噴出している作品だと思っていたが、原…続きを読む
タイタス・グローン―ゴーメンガースト三部作 1 (創元推理文庫 (534‐1))
古くから綿々と積み上げられ続ける石造りのゴーメンガースト城と呼応するようにしつこく積み重ねられていく…続きを読む
SF的な宇宙で安全に暮らすっていうこと (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)
原書と比較するスキルも時間もないので、どこまで元の感触に近いのか、変わっているのか不明だが、理系の理…続きを読む
黄金時代
島の見聞録という形で未知の世界を覗き見ることから始まる冒険が、やがて『島の本』を読む体験と同期して本…続きを読む
ログイン新規登録(無料)