アンドロギュノスの裔 (渡辺温全集)の香々地さんの感想

様々な渡辺温氏を読むことができる一冊。狂気と理知が糾うような物語。しばしば登場する、どこか達観した人物と夭折した著者とを思った時、なぜだか切なくなる。
★2 - コメント(0) - 2013年3月13日

感想・レビュー投稿者

766冊/251224ページ/524レビュー

香々地さんの最近の感想・レビュー

羊と鋼の森
【図書館】本屋大賞と前後して手元に届く。予約していたのをすっかり忘れていた。湿り気を帯びた森が広がる…続きを読む
SIGHT(サイト)(63) 2016年 05 月号 [雑誌]: ロッキングオンジャパン 増刊
自分の知っている現実や知識で安保法制を語る。専門家の現実や知識の滓くらいしか知らぬ私は何も語ってはい…続きを読む
資本主義の終焉、その先の世界(詩想社新書)
「よりゆっくり、より近くに、より寛容に」(P.123)続きを読む
戦う民意
沖縄に対する政府の対応と他都道府県民の反応は、そのまま自分自身に対するものとして将来現れる。否、むし…続きを読む
永続敗戦論――戦後日本の核心 (atプラス叢書04)
【図書館】この本はまずい。この著書で行われる『戦後=平和と繁栄』と言う物語の批判的な再検証は覆い隠さ…続きを読む
資本主義の極意 明治維新から世界恐慌へ (NHK出版新書)
ファシズムという思想には…略…反知性主義が席巻する現下の日本で使うにはあ…続きを読む
ログイン新規登録(無料)