境界を生きる 性と生のはざまでのKoji Takahashiさんの感想

「無関心は罪」…その通りだ。思えば中学生の時に、女性がある日突然髪をスポーツ刈りにして詰め襟の学生服を着てきて大騒ぎになった事があった。数年前、アルバイトの応募者が見た目は男性、名前は女性。通り名である男性名を使いたいと言ってきた事がある。身近にある問題であり、表に出せなくて苦しんでいる人に気づけていない事もあったかもしれない。個性として受け入れられる人になりたい。「前例が無い」という言葉がますます嫌いになった。前例が無いなら自分が道をつくる、そういう人でありたい。
★11 - コメント(0) - 2013年4月2日

感想・レビュー投稿者

430冊/95435ページ/男性/49/サービス業

Koji Takahashiさんの最近の感想・レビュー

誤診だらけの認知症
1.アルツハイマー型認知症には3亜型ある。他の認知症も含めて正しく薬を使用しないと悪化させてしまう事…続きを読む
欧米に寝たきり老人はいない - 自分で決める人生最後の医療
「人にはどのように死ぬかを選ぶ権利がある」 その思いを益々強くした。 「欧米に寝たきり老人はいな…続きを読む
薬のやめどき
薬を飲めば健康になるはウソ。多剤投与は副作用が無限に増える。 製薬会社が利益を得るために薬はある。…続きを読む
ムダにならない勉強法
「才能」など無い。「適性」がある。「適性」×「努力の量」=「結果」自分の適性を見極めて結…続きを読む
頑張らなければ、病気は治る
病気は「闘う」から治らない。病気を治すには「否認」「受容」「感謝」の段階がある。「不安」を取り除くに…続きを読む
覚えない記憶術
覚えておく為に「殴り書き」をする、5W1Hを意識する。 出来るだけ直ぐにやる。 意味記憶は覚えにく…続きを読む
ログイン新規登録(無料)