間宮林蔵・探検家一代―海峡発見と北方民族のYoshihiko Nakadeさんの感想

樺太が島であること=間宮海峡を発見した江戸時代の探検家 間宮林蔵の軌跡を現代に追った記録である。それだけでも十分に面白いが、シーボルト事件の真相?や間宮林蔵の子孫などこれまであまり知られていなかったことも書かれていてなかなか興味深く、間宮林蔵という人物をさらに知りたくなった。
★1 - コメント(0) - 2013年5月28日

感想・レビュー投稿者

416冊/147136ページ/男性

Yoshihiko Nakadeさんの最近の感想・レビュー

シャーリー・ホームズと緋色の憂鬱
シャーロックホームズとワトソンを女性にして、また現代?読みがえらせた設定が面白かったが、おじさんとし…続きを読む
ザ・万遊記
マキメ氏のエッセイ第二弾・・・今回は世界狭しと駆け回るエッセイ集、こんな世界から、また不思議な世界が…続きを読む
かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)
とにかくマキメ氏の著作は読んでしまおうと思って、図書館の児童向けコーナーから借りてきた(笑) でも、…続きを読む
ザ・万歩計
マキメ氏のエッセイ第一作、ああ、こんな風にしてこの人はあんな作品を作っていくんだなということがよくわ…続きを読む
マル合の下僕
知っているけど、実は詳しくはわからない・・・高殿円氏はそんなお仕事の世界を描くのが本当に上手いと思う…続きを読む
格闘する者に○ (新潮文庫)
ちょっと変わった女子大生と彼女を取り巻く家族や友人や彼?、そして就職活動の日々を描いた三浦しをん氏の…続きを読む
ログイン新規登録(無料)