おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! 6巻の結崎 春菜さんの感想

桜井さんの純愛の結末はどうなるんでしょう…恋する乙女は切ない。柏田くんと桜井さんの関係は元の木阿弥、というわけではなく、柏田くんに桜井さんの重要性を認識させたという意味でこれまでとは違う関係になったのでしょうけど、色々な方とフラグが乱立しているので、曖昧にするのでなく、あまり長引かせずきちんと収束させてほしいなぁとその点だけ期待と不安が入り混じってます。しかし、どの娘も捨てがたいので選ぶのは本当に難しいwこれがゲームなら皆をハッピーにできるのでしょうが、現実ではその向こう側で誰かが泣いてるんですよね…。
★4 - コメント(0) - 2013年6月26日

感想・レビュー投稿者

461冊/142014ページ/男性

結崎 春菜さんの最近の感想・レビュー

夜行
ホラーという風味が好みでないせいか、個人的にはあんまりな内容だった。各エピソードにでてくる不可思議な…続きを読む
みかづき
塾業界を舞台に教育の在り方を問う作品。三世代に渡って受け継がれる未来の子どもたちへの熱い想いが胸を打…続きを読む
コーヒーが冷めないうちに
人はみな後悔を抱いて生きている。これは過去の過ちをやり直す再生と未来への希望を繋ぐ物語。その感動はコ…続きを読む
i(アイ)
i
ルーツの複雑さからくるアイデンティティの在処を求める主人公の切実さは著者だからこそというべきかこの人…続きを読む
わたしの隣の王国
これまでの作品でやってきたミステリに加え、ファンタジーの要素も取り入れた挑戦作といえるでしょう。ただ…続きを読む
勇気は、一瞬 後悔は、一生
タイトルが一番心惹かれるんだよなぁ…ということで、それだけで全部持っていってしまったと…続きを読む
ログイン新規登録(無料)