「あの時やっておけばよかった」と、いつまでお前は言うんだ?のdiesuk さんの感想

プルーフを貰った。お風呂にはいるときの暇つぶしに持ち込んだら、思ってたよりもおもしろかったので最後まで読んでしまった。タイトルにあるとおり「あの時やっておけばよかった」という思いを持つ人は世の中にたくさんいると思う。じゃあ、いつやるの?今でしょ!って話(笑)普通でいいって考えではダメだということ(ただし自ら選択しているのであれば構わない。ただ現実を知った方がいいよ?)とか、変わりたいなら自らが動くしかない。って当たり前だけど、ほとんどの人ができてないこととかが書かれている。背中を押されたい人にオススメ。
★3 - コメント(1) - 2013年9月8日
nacchi
はじめまして^^ 沢山の本を読んでいるdiesukさんがプルーフで面白いと仰るこの本がとても気になります☆ あの時やっておけばよかったって思う事思い返すと沢山あって(^^;) 現実を知って前向きに進むために背中を押してもらいたいと思います^^ 教えてくださってありがとうございました。
- 09/11 01:00


感想・レビュー投稿者

540冊/127969ページ/男性/営業・企画系

diesuk さんの最近の感想・レビュー

セス・ゴーディンの出し抜く力: 先がわかる人は、何を見ているか (単行本)
ビジネスパーソンならば、著書が発売されたら、読んでおくべき著者のひとり、セス・ゴーディンの最新作。こ…続きを読む
自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方
ちきりんさんの『自分の頭で考えよう』から連なるシリーズ第三弾。テーマは生産性を上げることの重要性につ…続きを読む
バブル:日本迷走の原点
バブルという、自分にとっては未知の時代を描いた歴史書のような一冊。金融や経済の本って苦手で普段はあま…続きを読む
WHAT'S NEXT? TOKYO CULTURE STORY (マガジンハウスムック)
レビューはこちら→ http://honz.jp/articles/-/43565続きを読む
トレインスポッティング0 スキャグボーイズ
アーヴィン・ウェルシュ最高!レントン、スパッド、シック・ボーイ、ベグビーといった面々と再会することが…続きを読む
最も危険なアメリカ映画 『國民の創生』 から 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 まで
たまむすび他、町山さんの出ているラジオなどでよく言及されていることがまとまった一冊。名作と言われる『…続きを読む
ログイン新規登録(無料)