嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えのKoji Takahashiさんの感想

トラウマなどなく、過去を言い訳にしているだけなのか。目的論で考える。すべての悩みは「対人関係の悩み」…全くその通り。課題の分離…他人の課題と自分の課題を分けることで、他人の期待ではなく自分にOKを出す。承認欲求とは、人間関係を縦のモノにする。横のモノであれば上下はいらない。だから叱るのもほめるのもいけない。自己受容、他者信頼、他者貢献で「いま、ここ」を真剣に生きる…それが人生の意味。自分は他者貢献をしようと生きてきたが、自己受容と他者信頼ができていないから上手く出来ていなかったのか。
★25 - コメント(0) - 2014年4月6日

感想・レビュー投稿者

434冊/96318ページ/男性/49/サービス業

Koji Takahashiさんの最近の感想・レビュー

九十歳。何がめでたい
【うるせぇぞ ばあちゃん!】 そんな言葉が出る箇所と、 「そうだよねぇ」と共感できる箇所があります…続きを読む
伝わる イラスト思考 (アスカビジネス)
1.やり方を学べば描ける観察→デッサン→ディフォルメ2.「型」を使いこなすピラミ…続きを読む
無縁介護―単身高齢社会の老い・孤立・貧困
人に頼れず亡くなることが「無縁介護」 介護とは聞こえがいいが 「社会から切り離されたお一人様」とい…続きを読む
「病は気から」を科学する
プラセボ効果、偽薬効果の事だ。 これこそ「病は気から」そのものではないか。 「病気が良くなる」と思う…続きを読む
誤診だらけの認知症
1.アルツハイマー型認知症には3亜型ある。他の認知症も含めて正しく薬を使用しないと悪化させてしまう事…続きを読む
欧米に寝たきり老人はいない - 自分で決める人生最後の医療
「人にはどのように死ぬかを選ぶ権利がある」 その思いを益々強くした。 「欧米に寝たきり老人はいな…続きを読む
ログイン新規登録(無料)