死ぬ気で働くリーダーにだけ人はついてくるのmoc_yutoさんの感想

タイトルを見ると根性論にしか見えないかもしれないが、そんなことはなかった。学びの連続で、鼓舞されると同時にどうやってチームをマネジメントするのか、リーダーはどう動くべきなのかなど、考えさせられた。 チームの構成員は人間であるし、人間どうしのコミュニケーションをどれだけ死ぬ気で行うかで、そのチームの成果は大きく変わっていくのだろう。 チームビルディングの際は、手元に置いておきたい一冊。
★2 - コメント(0) - 2014年4月11日

感想・レビュー投稿者

299冊/90253ページ/288レビュー/男性/IT関係

moc_yutoさんの最近の感想・レビュー

アジャイルコーチング
アジャイルな開発を自分がコーチとして入る場合、またスクラムマスターとして入る場合のアドバイスが散りば…続きを読む
サピエンス全史(下)文明の構造と人類の幸福
結局、人類はどこに向かっているのか?何を目的に生きているのか?幸せとはなんなのか?という少し哲学的な…続きを読む
サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福
面白い。特に前半が面白い。人類とはどのように発展してきたのか?なぜ何万という集団で行動ができたのか?…続きを読む
ブロックチェーン・レボリューション ――ビットコインを支える技術はどのようにビジネスと経済、そして世界を変えるのか
ブロックチェーンが今後どのような分野に適応されうるか、実際に出てきているベンチャー企業などを紹介しつ…続きを読む
UX × Biz Book ~顧客志向のビジネス・アプローチとしてのUXデザイン~
「UXを考えなきゃいけないけど何からやるんだっけ?」という疑問からスタートするUXの入門書。 「ユー…続きを読む
働く男 (文春文庫)
最近話題になっている星野源の著作はどんなものだろうかと読んでみた。曲とかは好きな部類ではないが、生き…続きを読む
ログイン新規登録(無料)