アンドロギュノスの裔 (渡辺温全集)のいるとさんの感想

時代なのか、若さなのか、全体に感じる悪意、作者の自意識の高さをずっと感じていた。もし事故にあわなければ、青さが抜けてさらに面白い話を読めたのだろうかと思う。
★4 - コメント(0) - 2014年4月23日

感想・レビュー投稿者

785冊/313459ページ

いるとさんの最近の感想・レビュー

ゆうじょこう (新潮文庫)
主人公イチのあっけらかんとした性格故か、預けられた店が大店であった為か、時代が下っているためか、他の…続きを読む
呼ぶ山 夢枕獏山岳小説集 (角川文庫)
殆どが山に関する話の再録で、懐かしく思いながら読んだ。殆どが20世紀のさくひんで、今の作風と比べるの…続きを読む
ゼロの総和 (ハーパーBOOKS)
ハッキングの罪でとある施設に集められたハッカーたち。そこで行われるテストの隠された真意。読み終わって…続きを読む
ザ・カルテル (下) (角川文庫)
圧倒された。「メキシコ麻薬戦争」を読んでいたけれど、多くの資料と、ドン・ウィンズロウの想像力によて描…続きを読む
オーブランの少女 (創元推理文庫)
文章が落ちてこない。相性が悪いというよりも不慣れさを感じ、背伸びしている気がした。あとがきを読んで腑…続きを読む
深紅の碑文(下) (ハヤカワ文庫JA)
オーシャンクロニクルの世界は、現代が抱える問題と軋轢をストピアでも展開する鏡面世界だ。前作から引き続…続きを読む
ログイン新規登録(無料)