ハリウッド・ビジネス10年の変遷 デジタル化とグローバル化に翻弄されるハリウッドのポチさんの感想

2000年代前半から現在までのさまざまなレビューを織り交ぜて、当時から今のハリウッド事情を伝えた力作。ハリウッド映画のプロデューサーのクレジットは何故増えたのか、1本の映画に携わる脚本家が数十人に及ぶワケ、世界を対象にハリウッド映画が製作されるようになった背景、映画賞にまつわる各社の駆け引き、CM戦略など読み応えがいっぱい。これはね、映画好きにはたまらん裏話が満載です。めちゃくちゃおすすめ。
- コメント(0) - 2014年8月1日

感想・レビュー投稿者

254冊/67866ページ

ポチさんの最近の感想・レビュー

いじめの構造―なぜ人が怪物になるのか (講談社現代新書)
恐ろしい。誰もが怪物になり得る。「学校」について書かれているが、大人の社会・組織にも十分あてはまる。…続きを読む
ドール
全く共感できなかった(偉そうにすみません)。 小説の面白さは作者の描き込んだ世界を通して読者がいろん…続きを読む
青が破れる
全部で3編収録されています。表題作「青が破れる」、すごかった。会話が瑞々しいのとボクサーの体みたいに…続きを読む
後藤さんのこと (ハヤカワ文庫JA)
作者の円城塔さん、前々から思ってたけどアナタ『マトリックス』に出てくるアーキテクチャの親戚でしょ続きを読む
「今」こそ見るべき海外ドラマ (星海社新書)
面白かった! 知ってるつもりで意外と知らない海外ネットワークのことが書いてあった。HBOは「OZ」作…続きを読む
奇貨 (新潮文庫)
初めての松浦理英子作品。松浦理英子が読みたいと思って何の予備知識もなく、書店でこの作品を見つけてゲッ…続きを読む
ログイン新規登録(無料)