チョコレートコスモスのささとさんの感想

主人公がモンスターすぎて感情移入できない。小説の中でも語られているけれど、本当に機械のようで。自分というものをもたない主人公。その特色が、自然に演技できる、他の人の演技を完コピできる、といったような特技と描かれていたが、私は魅力に感じなかった。それはそんなに特別なものかしら?と。最後に課題としてあげられていたけれど。彼女が他の女優より飛び抜けていたのは演出の方では。演出は演出家がやればいい。主人公を天才女優と描くのは不自然な気がした。演出の方ではなく、演技について正当な描写をして欲しかった。☆☆☆
★9 - コメント(0) - 3月15日

感想・レビュー投稿者

97冊/38227ページ/女性

ささとさんの最近の感想・レビュー

黄昏の百合の骨 (講談社文庫)
恩田陸によくある、最初に謎をたくさん散りばめて、徐々に解き明かしていく展開。この作品に至っては主人公…続きを読む
舟を編む
辞書を作る、という作業を『舟を編む』としたのは、まさに色んな想いが込められた例えだなと思います。言葉…続きを読む
陰陽師(おんみょうじ) (文春文庫)
難しそうだなぁと敬遠していましたが、全然そんなことなく読みやすかったです。色んな妖怪がでてくるのも面…続きを読む
人生をやめたいと思ったとき読む本: マンションから飛び降りたぼくがあなたに贈る 生きる力がわいてくる30のメッセージ
プラス思考が多すぎて、今の自分には受け入れられなかった。ある程度治りかけの人用だと思う。少なくとも切…続きを読む
墓地を見おろす家 (角川ホラー文庫)
こういうの怖いよねっていうものを継ぎ接ぎしたような感じを受けた。意味があるようで実はない描写ばかり。…続きを読む
アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))
少し消化不良。読み始めは独特な世界観すぎてなかなか頭に入ってこなかったけれど、半分まで読み進めるとそ…続きを読む
ログイン新規登録(無料)