ヴォイド・シェイパ - The Void Shaperのかみーおさんの感想

まさかの時代物。主人公ゼンは、その生い立ちの影響でいろいろなものを削ぎ落としたというか、最初からないというか。おそらく江戸時代という背景の中で、こんなにシンプルな時代物は初めて。このあとゼンがどういう道を辿るのかとても気になる。
★4 - コメント(0) - 2014年9月10日

感想・レビュー投稿者

698冊/216692ページ/女性

かみーおさんの最近の感想・レビュー

彼女は一人で歩くのか? Does She Walk Alone? (講談社タイガ)
『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』からの引用が痺れるほどぴったりで、そっちのことも思い出してしま…続きを読む
宵山万華鏡 (集英社文庫)
まさに万華鏡のような連作短編集。二話目で油断させられた。お祭りの持つ、あの独特の非現実感。異界の紛れ…続きを読む
雀蜂 (角川ホラー文庫)
怖い物五指に入る雀蜂。なにが怖いって、あの黄色と黒のこれでもかというコントラストの強さ。視界の端を過…続きを読む
聖なる怠け者の冒険 (朝日文庫)
怠け者賛歌。これまで読んだことのある森見作品より、大人の色がした。週末の小冒険。続きを読む
江戸お留守居役の日記 (講談社学術文庫)
江戸がマイブームです。この本ものすごく楽しかった。江戸時代にあまり魅力を感じてなかったけれど、いま空…続きを読む
しろいろの街の、その骨の体温の (朝日文庫)
ニュータウンという舞台設定が面白い。小さいころ、友だちが住んでいた白くてきれいで、同じ形の家がたくさ…続きを読む
ログイン新規登録(無料)