松本清張傑作短篇コレクション〈上〉ののぞみさんの感想

宮部氏セレクトなだけあって、どれも鮮烈。ラスト一行を読んだ瞬間に沸き起こる興奮の鳥肌たるや!『他人の行く道は踏みたくなかった』…正にである。一番印象に残るのはやはり「昭和史発掘――二・二六事件」。全巻をちゃんと読みたいと思う。
★2 - コメント(0) - 2014年9月29日

感想・レビュー投稿者

457冊/186123ページ/女性/30

のぞみさんの最近の感想・レビュー

死体は語る (文春文庫)
「生きている人の言葉には嘘がある。しかし、もの言わぬ死体は決して嘘を言わない」人は誰にも死が訪れ、そ…続きを読む
隠居の日向ぼっこ (新潮文庫)
手拭、はこぜん、きせる、桶、かやりにちろり…目次に並ぶ、やわらかで心くすぐる言葉たちを…続きを読む
昭和史発掘〈3〉 (文春文庫)[新装版]
「昭和六年。九月十八日夜十時、奉天北郊の柳条溝で低い爆音が起こった。この爆音に気がついた者でも、近頃…続きを読む
黒書院の六兵衛 下 (文春文庫)
なぜ、こうも涙することが出来るのだろう。隼人を始めとする多くの「武士」達、大きな時代の転換点に何の因…続きを読む
黒書院の六兵衛 上 (文春文庫)
無血開城、そして天朝様ご到着が迫る江戸城・西の丸に居座り続ける謎の御番士。その男を力づくではなく下城…続きを読む
失われた鉄道を求めて (文春文庫)
災害、戦争、モータリゼーションとの競合…『時代』に切り捨てられた鉄道の数々。それは確か…続きを読む
ログイン新規登録(無料)