日本の雇用と中高年のMahoさんの感想

日本はバブル崩壊までずっと年功序列型の雇用形態が叫ばれていると思っていたため、1960年代にジョブ型に移行しようとする動きがあったことを知って驚きました。また、管理職への昇進の仕方も日本は欧米からすると独特なのだろうなと感じました。年齢が上がって子育てや教育にお金がかかるようになったら社会全体で支えられるようになればいいなと感じました。例えば児童手当の他に、就学援助の拡大や住宅購入費や家賃の補助などもあればと思います。
★1 - コメント(0) - 2014年10月26日

感想・レビュー投稿者

147冊/37743ページ/女性/大学生・院生

Mahoさんの最近の感想・レビュー

だいじょうぶ!親の離婚 (子どものためのガイドブック)
仕事で必要かなと思って読みました。子ども目線で書かれていて、子どもの感じることを学べる教科書になりま…続きを読む
エピソード教育臨床: 生きづらさを描く質的研究
量的調査だけでは気づけない、個々の生きづらさについて焦点を当てている本でした。そのため、書かれている…続きを読む
教養としての冤罪論
認識論のところは難しかったけれど、6Wの分類や冤罪性についての話はとてもわかりやすかったです。裁判員…続きを読む
問いからはじめる発達心理学 (有斐閣ストゥディア)
全体の流れをさらっと理解することができました。個人的には、つまずきや障害の部分をもっと読みたかったか…続きを読む
ルポ 母子家庭 (ちくま新書)
前半の母子家庭の母親の事例を呼んでいると、頼れる人が少ない中必死に生きているんだなという印象を受けま…続きを読む
子どものミカタ  ──不登校・うつ・発達障害──思春期以上、病気未満とのつきあい方
精神科医のものの見方が少しわかった気がしました。治療だけでなく支援や関係調整までこなしてるこど知りま…続きを読む
ログイン新規登録(無料)