晴山陽一の英語ことわざコレクションの /dʒaˈbrafkjuː/さんの感想

著者が面白いと感じたことわざを、文法項目ごとにまとめて配列した小著。例文としてどんなことわざがあるかなと見るのによいかも。ただ、あることわざがどんな寓意をもっているのかちゃんと解説されていないところが散見されるのはちょっと不親切。/著者も指摘しているが(pp. 166-7)口数の多さを戒めることわざのバリエーションが多いのは英米文化の特徴だろうか。あと、支払いを遅くしたほうが商取引上では有利になることを教えるものとかも。/もう何度か見なおして、「このことわざは見たことある」レベルに覚えておきたい。
★1 - コメント(0) - 2015年1月2日

感想・レビュー投稿者

147冊/42138ページ

/dʒaˈbrafkjuː/さんの最近の感想・レビュー

読んでいない本について堂々と語る方法
おそらくテクスト論にもとづき,読むことの創造性に重きを置いた,ポストモダニスティックな読書論・教養論…続きを読む
文学の学び方―付/論文・レポートの書き方
原書は1959年,訳書は1981年に出版された学部生むけ文学研究の入門書。伝統的でオーソドックスな文…続きを読む
「読み」の整理学 (ちくま文庫)
既知に安住するアルファー読みから未知を捉えるベーター読みへ。単に好奇心・向学心だけの問題ではなく,わ…続きを読む
オリエンタリズム〈下〉 (平凡社ライブラリー)
上巻は近代オリエンタリズムの成立あたりまでが論じられたが,下巻は20世紀以降の同時代を扱っている。多…続きを読む
オリエンタリズム〈上〉 (平凡社ライブラリー)
西欧中心主義批判,反本質主義,ポストコロニアリズムの先駆的著作にして古典。影響の絶大な文献だけに,細…続きを読む
ヌアー族の宗教 (下) (平凡社ライブラリー (84))
下巻は供犠論が中心で,タブーと罪との関係が俎上にあげられる。災の原因を他者の妖術にもとめるアザンデ族…続きを読む
ログイン新規登録(無料)