すべての戦争は自衛意識から始まる---「自分の国は血を流してでも守れ」と叫ぶ人に訊きたいのEiji Mitachiさんの感想

ダーイシュ(ISIL)による日本人殺害が呼び起こす怒りと恐れを背景に、戦争できる国をめざす安倍首相の姿勢がますます露わになってなってきた。映画監督にして文筆家の著者が、望まない戦争を避けられない人間の愚かな性(さが)について考え抜いた一冊。学術的知見や知られざる事実を得る本というよりは(それがないという意味ではありません)、誠実な思索の姿勢にふれて勇気を得られる本です。書名だけで脊髄反射するネトウヨからは誹謗中傷、罵詈雑言の嵐らしいですが、それは良書の証というべきでしょう。
★7 - コメント(0) - 2015年2月3日

感想・レビュー投稿者

145冊/39691ページ/男性

Eiji Mitachiさんの最近の感想・レビュー

本当の戦争―すべての人が戦争について知っておくべき437の事柄
戦争とアメリカ軍に関する事実を簡潔なQ&A方式で記述した本。437項目すべてが興味深い。戦闘…続きを読む
幻獣ムベンベを追え (集英社文庫)
早稲田大学探検部が行った、テレ湖(コンゴ奥地)での未確認生物発見プロジェクトの記録。著者は隊長を務め…続きを読む
横浜黄金町パフィー通り (文芸書)
最近2度ほど訪ねて俄然興味をもった横浜・黄金町が舞台。風俗店乱立に辟易する住民たちによる、街の再生の…続きを読む
ワセダ三畳青春記 (集英社文庫)
いつも楽しませてくれる辺境ライター・高野秀行氏の本。大学時代から11年間をすごした野々村荘(仮名)で…続きを読む
(081)キリスト教のリアル (ポプラ新書)
牧師3人と神父1人による、仕事と生活と信仰の舞台裏トーク。キリスト教業界は人々の信じたいというニーズ…続きを読む
すべては子どもたちの学びのために
荒れた小学校を一変させた全教師一丸の取り組みが素晴らしい。著者は鹿沼みなみ小学校(栃木県)の前校長。…続きを読む
ログイン新規登録(無料)