アンドロギュノスの裔 (渡辺温全集)のシンドバッドさんの感想

渡辺温 を読み尽くせる 唯一の文庫本。タクシーが貨物列車に衝突し、若くして他界 生きていたら、渡辺ワールドとも言うべき作品を、残したものと思う。
★8 - コメント(0) - 2015年2月5日

感想・レビュー投稿者

15875冊/4774768ページ/715レビュー/男性/62/役員・管理職

シンドバッドさんの最近の感想・レビュー

山内義雄訳詩集 (1954年) (角川文庫)
私の生まれた年の出版。文庫本だからこそ読めた時代のものである。かつて慣れ親しんだ訳者の訳詩集。続きを読む
ペーパー・ドラゴン (1980年) (Hayakawa novels)
エヴァン・ハンター(エド・マクベイン)の長編であるが、意欲的作品であることは認めるが、(未読の邦訳が…続きを読む
ヒュースケン日本日記 1855~1861 (岩波文庫)
ハリス日本滞在記の補完する内容。 ヒュースケンの磨かれた感性が凝縮されている日記。続きを読む
原民喜全詩集 (岩波文庫)
本書が発売されて6カ月 読書メーター登録が未だ2桁とはやや意外な気持となる。 まずは、もっと多くの人…続きを読む
九鬼周造随筆集 (岩波文庫)
瀟洒とも言うべき文体で執筆されったものもあり、九鬼の強い意志を感じるものもあり、一読の価値あり。続きを読む
原水爆実験 (1957年) (岩波新書)
本書を読むと原発事故がとてつもない事故であることを再認識させられる。原子力をコントロールすることは出…続きを読む
ログイン新規登録(無料)