統合失調症がやってきたのEiji Mitachiさんの感想

松本ハウスというお笑いコンビのハウス加賀谷が統合失調症になった。コンビを解消し、閉鎖病棟への入院も経験するが、ついに復帰を果たす。この本はハウス加賀谷の闘病記ですが、書いたのは相方の松本キック。重いテーマながら、ユーモアも交えた書きっぷりでスラスラ読めました。相方の退院後も、季節の変わり目程度のスローなペースで連絡をとりながら、気長に復調を待った松本キックのコンビ愛もステキです。10年のブランクを経て2009年にコンビを復活したそうです。明るい気持ちになれました。
★9 - コメント(0) - 2015年2月21日

感想・レビュー投稿者

145冊/39691ページ/男性

Eiji Mitachiさんの最近の感想・レビュー

本当の戦争―すべての人が戦争について知っておくべき437の事柄
戦争とアメリカ軍に関する事実を簡潔なQ&A方式で記述した本。437項目すべてが興味深い。戦闘…続きを読む
幻獣ムベンベを追え (集英社文庫)
早稲田大学探検部が行った、テレ湖(コンゴ奥地)での未確認生物発見プロジェクトの記録。著者は隊長を務め…続きを読む
横浜黄金町パフィー通り (文芸書)
最近2度ほど訪ねて俄然興味をもった横浜・黄金町が舞台。風俗店乱立に辟易する住民たちによる、街の再生の…続きを読む
ワセダ三畳青春記 (集英社文庫)
いつも楽しませてくれる辺境ライター・高野秀行氏の本。大学時代から11年間をすごした野々村荘(仮名)で…続きを読む
(081)キリスト教のリアル (ポプラ新書)
牧師3人と神父1人による、仕事と生活と信仰の舞台裏トーク。キリスト教業界は人々の信じたいというニーズ…続きを読む
すべては子どもたちの学びのために
荒れた小学校を一変させた全教師一丸の取り組みが素晴らしい。著者は鹿沼みなみ小学校(栃木県)の前校長。…続きを読む
ログイン新規登録(無料)