プレイフル・シンキングのTomokazu Fujitaさんの感想

同志社女子大学の上田教授の本。 いわゆる「自己啓発本」の一種だが、自分がちょっと疑問に思っているような事が解説されていて興味深かった。 ・米国の心理学者キャロル・ドウェックのモチベーションの定義 ・メタ認知(自分がどこまで理解しているかを客観的に認知する) ・Can i do(自分にできるかどうか)→How Can I do(どうやったら自分にできるか)→How Can we do(どうやったら我々にできるか)
- コメント(0) - 2015年2月21日

感想・レビュー投稿者

60冊/17599ページ/23レビュー

Tomokazu Fujitaさんの最近の感想・レビュー

虚ろな十字架
死刑制度を含む重いテーマ。この人の作品にある、「誰も幸せにならない」ストーリー。でも続きが気になって…続きを読む
34歳無職さん 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
過去に無職だった時代があるけど、たしかにこんなもの。 外部的なイベントがないと時間の感覚がなくなる。続きを読む
銀翼のイカロス
「半沢直樹シリーズ」の最新作。 破綻した航空会社の再建と国交省を相手にする。 敵側が本当にクズばかり…続きを読む
百舌の叫ぶ夜 (百舌シリーズ) (集英社文庫)
TVドラマが面白いと聞いて。 確かに骨太のミステリィ。続編が気になる。続きを読む
銀漢の賦 (文春文庫)
友情に命を掛けることができるサムライ。 「銀漢」とは天の川のこと。続きを読む
蜩ノ記
今年、役所広司と岡田准一で映画化される。 武士とは、という生き様を見せられた気がする。 映画見たら泣…続きを読む
ログイン新規登録(無料)