松本清張傑作短篇コレクション〈上〉のSEの読本さんの感想

宮部みゆき氏のイチオシ「一年半待て」目当てに購入。 ノンフィクション部分は難解な部分が多かったが、 戦後70周年のこの時期に226事件について再考できたのは思わぬ縁か。 小説部分は上記タイトルほか「地方紙を買う女」「真贋の森」「捜査圏外の条件」とミステリーの醍醐味を味わえる作品が粒ぞろい。 短編集なのでちょっとした移動時間中に本格ミステリーを気軽に味わえる。
★2 - コメント(0) - 2015年2月22日

感想・レビュー投稿者

195冊/64564ページ/38/IT関係

SEの読本さんの最近の感想・レビュー

旭日、遥かなり4 (C・NOVELS)
発売日に買って2日で読了。なかなか難しい展開だったがそう簡単には進まないのが海戦の醍醐味か。圧倒的に…続きを読む
人生激場 (新潮文庫)
想像を超える妄想炸裂のエッセイ集。予備知識無しで読んだらあっというまに読了。時事ネタが時代を感じさせ…続きを読む
伊達政宗(7)平和戦略の巻(山岡荘八歴史文庫57)
大坂夏の陣終了。そして家康没。歴史的に戦国から江戸への転換期を迎えるにあたって政宗のとった行動は?ま…続きを読む
その日のまえに (文春文庫)
2日で読了。電車で読み始めたことを後悔しながらも読む手が止まらなかった。大切な人が余命宣告されてから…続きを読む
武田信玄 山の巻 (文春文庫)
ついに読了。合計1978ページにわたり信玄の一生を追体験できてとても面白かった。歴史にIFはないがI…続きを読む
武田信玄 火の巻 (文春文庫)
火の巻にふさわしい戦描写が多め。その中でも人間ドラマが随所に散りばめられており、伊勢物語の件は武田三…続きを読む
ログイン新規登録(無料)