松本清張傑作短篇コレクション〈上〉の佐島楓@勉強中さんの感想

芥川賞を受賞した「或る「小倉日記」伝」と「一年半待て」がよかった。前者は純文学の賞をとりながらもミステリの手法も垣間見られ、のちの作品群につながるものと考えられる。後者は男性が読んだら女性不信になってしまうかもしれない、と心配になるくらい強烈。
★39 - コメント(2) - 2015年3月4日
あすなろ
或る小倉日記伝は、強烈な清張ワールドですね。大学時代に清張ワールドに浸ったことを思い出します
★1 - 03/04 06:35

佐島楓@勉強中
コメントありがとうございます。私が意識的に読み始めたのは最近なのですが、どの作品も緻密に寝られていて驚かされるばかりです。
★1 - 03/04 08:38


感想・レビュー投稿者

6040冊/1689379ページ/女性/クリエーター系

佐島楓@勉強中さんの最近の感想・レビュー

夏の終り (新潮文庫)
女性としての生き方では最も破滅的な部類に属するのではないかと思う。恋愛が自罰的すぎてつらい。実の娘に…続きを読む
【2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』優秀賞受賞作】 縁見屋の娘 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
ミステリというより、時代物ファンタジー+恋愛。宿命を背負うお輪の心情が旅の行者に揺さぶられていくのが…続きを読む
鎌倉香房メモリーズ 5 (集英社オレンジ文庫)
一番大事なのは、人を受容し、そして自分を受容できるようになるということ。雪弥の苦しみを取り除いてあげ…続きを読む
死霊(3) (講談社文芸文庫)
七章がとても面白かった。神の子やお釈迦様に喧嘩売ってる・・・! ここまであきらめずに読んできてよかっ…続きを読む
死霊(2) (講談社文芸文庫)
学校の課題図書。相変わらず難しいことを難しいまま書いている。自分の理解度が試されている感じ。Ⅲ巻へ。続きを読む
ニッポン文庫大全
本作で紹介されている古本屋さんはどうしたのだろう・・・。目録まで載せているのにもったいない・・・。続きを読む
ログイン新規登録(無料)