アンドロギュノスの裔 (渡辺温全集)のしょすたこおびちさんの感想

満を持してビブリオバトルで紹介する為に読んだが、5分で収まりきらないのでやめる。横溝正史の右腕として、谷崎潤一郎の弟子として、文芸史にもっともっと仕事を残し得た俊英の全集。事故で27才で世を去るとは本人も無念だろう。徹夜覚悟で一気に駆けるとお腹を壊す文体。そして物語の展開と転回。ろくでなしの父をもった姉と弟の物語は、ハッピーエンドは期待しないまでも穏便な着地点を望んだのに、徐々に徐々に破滅へ持っていかれる。かと思ったらとんだ純愛青年の独り善がりの行為の果てに、急Rで連れていかれる、暗くて汚くて匂う別世界。
★56 - コメント(0) - 2015年3月28日

感想・レビュー投稿者

1357冊/465501ページ/1119レビュー/男性/事務系

しょすたこおびちさんの最近の感想・レビュー

ラテン語の世界―ローマが残した無限の遺産 (中公新書)
昨春放送大学で「ラテン語の世界」が開講されたとき、受講するか随分と迷った。今春ヨーロッパ史へ翼を拡げ…続きを読む
悪党どものお楽しみ (ちくま文庫)
千代の富士に引導を渡したのは貴花田だと思われているが、真の張本人はその2日後に勝った貴闘力である。脱…続きを読む
金閣寺 (新潮文庫)
未読読書会で既読者枠の神!として振る舞うために再読。中学校の授業で、かつての金閣のきらびやかさと、再…続きを読む
〈プラチナファンタジイ〉 奇術師 (ハヤカワ文庫 FT)
超魔術で一斉風靡したMr.マリックが或る番組で、自分のやっていたことは只の手品であり、魔術でも何でも…続きを読む
CREA (クレア) 2013年 05月号 [雑誌]
これも掃除の途中で発掘した1冊。今も読み返すとかなりお得だった。朝井リョウと窪美澄と柚木麻子の同期に…続きを読む
CREA 2015年9月号 本とおでかけ。
自分も旅に行くときは沢山の本を持って、しかも沢山の本を買って帰る。これは性癖。こんな是非もない人達が…続きを読む
ログイン新規登録(無料)