日本人が世界に誇れる33のことのがくちゃびんさんの感想

日本に住む元アメリカ人女性から見た、日本人文化の素晴らしさを堂々と語った本。本書で語られている日本人の謙遜の美学や恥の文化、黙して語らずや空気を読むといった一種独特な文化に最初こそ面食らったものの、これこそが日本人の日本人たる素晴らしい文化であり、世界に誇るべきマナー・考え方だと力説されている。ここまで日本人という民族を持ち上げてくれるのは嬉しいが、肝心の日本という国の制度や行政、政府やマスコミの倫理観について一切語られていないところに、暗に含むところがありそうでアンニュイな気分になった。
★2 - コメント(2) - 2015年4月17日
姉勤
いつまで欧米の評価が、善と考えるんでしょうかね。国内では、極端な自虐史観から自慢史観へと、相も変わらず日本人はと。
- 04/19 15:15

がくちゃびん
自虐史観から自慢史観へ変わったのは、おそらく団塊の世代が引退したからなんですよね。団塊の世代こそいわゆる学生運動に燃えた反体制派たちの世代で、彼らが日本という政府と体制そのものを否定するために自虐史観が浸透してたのでは、と。そんな彼らがいなくなったからその反動がいまの自慢史観になってると愚察します。もっとも、私は自虐史観に比べれば自慢史観の方が健全だと考えてますがw
★1 - 04/19 18:41


感想・レビュー投稿者

891冊/268556ページ/男性/37

がくちゃびんさんの最近の感想・レビュー

スタンフォード物理学再入門 力学
前書きにある通り、力学についてエッセンスをを取り出し、相対論や量子力学を学ぶための最低限の力学知識を…続きを読む
カエルの楽園
もうあからさまにあの国やこの国の外交、国内政治、防衛やマスコミ論をあげつらい、徹底的に風刺した寓話。…続きを読む
世界史で学べ! 地政学
1000年近い歴史を俯瞰しながら、それぞれの国や大陸の形状から、どのような事情で紛争が発生したか、戦…続きを読む
リーマン幾何学と相対性理論
「リーマン幾何学と相対性理論」を一ヶ月半かけて読了。というよりも完全に数学の復習と勉強だった。初めて…続きを読む
天使は奇跡を希う (文春文庫)
面白かった!駅の広告やフォロワーさんの感想を見て気になってはいたのですが、「僕は明日、昨日の君とデー…続きを読む
新装版 不確定性原理―運命への挑戦 (ブルーバックス)
科学ファンやSFファンからすれば誰もが耳にしたことがあるであろう不確定性原理。その原理の意味するとこ…続きを読む
ログイン新規登録(無料)