いま見てはいけない (デュ・モーリア傑作集)の自由浮遊社さんの感想

短篇〜中篇5篇を収録しているが、5篇とも味わいは異なり、本格推理と言ってもいいようなものから、SFっぽいものまで様々。映画『赤い影』の原作と言うこともあって巻頭の「今見てはいけない」に期待していたのだが、他の作品も充分に面白い。
★4 - コメント(0) - 2015年5月1日

感想・レビュー投稿者

33冊/13561ページ

自由浮遊社さんの最近の感想・レビュー

鬼火・底のぬけた柄杓 (講談社文芸文庫)
前半は怪奇幻想もの。後半は明治〜昭和にかけての、俳人3人の伝記。怪奇幻想ものはちくま文庫版と2篇ダブ…続きを読む
黄色い水着の謎 桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活2 (文春文庫)
いつもどおり、肩の力の全く入っていないユーモアミステリ。ゆるいノリながら、謎は本格的だ。表題作ラスト…続きを読む
吉屋信子集 生霊―文豪怪談傑作選 (ちくま文庫)
吉屋信子を読むのは初めてだが、怪奇幻想小説の書き手としても、なかなかの手腕だと思った。どの作品も、独…続きを読む
高城高全集(4) 風の岬 (創元推理文庫)
全集最終巻のこれは、今までとは違った感じがある。特に最後の1篇は、道東ではなく函館を舞台にしているせ…続きを読む
高城高全集〈2〉凍った太陽 (創元推理文庫)
全集第3巻は昭和30年代に発表された短編13篇を収録。内容は様々だが、共通しているのは、道東の暗く沈…続きを読む
ログイン新規登録(無料)