塩の街―wish on my preciousのTszさんの感想

Tsz
人間が塩化する奇病が流行る世界。設定は荒唐無稽ながら描いているのは人間のドラマであり、極限状態に追い込まれた人間が何を選択するのか、みたいな話。ちょっと綺麗すぎる気もするが面白かった。一気に読めます。
★5 - コメント(0) - 2015年5月31日

感想・レビュー投稿者

Tsz
138冊/49994ページ/男性

Tszさんの最近の感想・レビュー

尻啖え孫市 新装版(上) (角川文庫)
司馬氏の作品の中ではフィクションっぽい時代ものという位置づけでしょうか。女好きで情に篤いキャラクター…続きを読む
万能鑑定士Qの推理劇II (角川文庫)
いつもの勧善懲悪、正義は勝つ、みたいな展開だと思ってたら、今回はハッピーエンドと言うには微妙な終わり…続きを読む
万能鑑定士Qの推理劇I (角川文庫)
読み終えたのがだいぶ前なので、内容がうろ覚えですが、一応感想を書いておこうかと。いつもの通り一見関係…続きを読む
万能鑑定士Qの事件簿XII (角川文庫)
事件簿シリーズ最後の作品。表示の花嫁姿と華蓮の思わせぶりな台詞から、何か劇的な展開があるのかと思った…続きを読む
万能鑑定士Qの事件簿 XI (角川文庫)
瀬戸内門下の兄弟子との対決。今回もいろいろな雑学がちりばめられてます。しかし登場人物にイケメンが多い…続きを読む
万能鑑定士Qの事件簿X (角川文庫)
ここで時代は過去へ。鑑定士の店が軌道に乗るまでの話。インフレ騒動のその後も少し。莉子が立ち向かう敵は…続きを読む
ログイン新規登録(無料)