アンドロギュノスの裔 (渡辺温全集)の拓也 ◆mOrYeBoQbwさんの感想

個人作品全集。日本のモダニズム~シュールレアリズムの黎明期を担うが27歳で事故死した渡辺温の全集です。所々に漂う古典や衒学趣味、人間心理の虚を突く物語やミステリーと言った、戦前にもかかわらず非常に現代的な作品が並びます。「赤い煙突」「可哀想な姉」「嘘」辺りが今の所お気に入り。「絵姿」はワイルドの「ドリアン・グレイの肖像」の抜粋訳です。
★6 - コメント(0) - 2015年6月12日

感想・レビュー投稿者

447冊/146858ページ/男性

拓也 ◆mOrYeBoQbwさんの最近の感想・レビュー

まるで童話のような、世界のかわいい村と美しい街
風景写真集。欧州を中心にした美しい造形やカラフルな街並みを収録。単純に見た目だけではなく、ダンセイニ…続きを読む
フラッシュフォワード (ハヤカワ文庫 SF ソ 1-12) (ハヤカワ文庫SF)
SF長篇。『ターミナル・エクスペリエンス』『さよならダイノサウルス』と並ぶソウヤーの代表作でドラマ化…続きを読む
十月の旅人 (新潮文庫)
短篇集。久々に『火星年代記』を読んだので更に再読。元々ある短編集ではなく、ブラッドベリの初期作品から…続きを読む
跳躍者の時空 (奇想コレクション)
【(^ΦωΦ^) 猫と読書(2月22日)】SF短篇集。SFとファンタジー…続きを読む
火刑法廷[新訳版] (ハヤカワ・ミステリ文庫)
長篇推理小説。トリックの名手J.D.カーが、火あぶりにされた実在の連続毒殺魔・ブランヴィエリ男爵夫人…続きを読む
火星年代記 (ハヤカワ文庫SF)
SF連作短篇。13の短篇と13のインターミッションからなるブラッドベリの名作SFですね。ポー『アッシ…続きを読む
ログイン新規登録(無料)