松本清張傑作短篇コレクション〈上〉のNozomi Masukoさんの感想

松本清張ファンである宮部みゆきが、短編作品を選び抜き、全てに解説をつけた傑作短編集。松本清張の本を手に取ったのは実は初めて。先週電車で男子高校生(ひょっとしたら中学生!?)が、松本清張の「点と線」を読んでいるのを見て、あたしもそろそろかなと思ったのがきっかけ。どれも面白かったけど、やっぱり昔言葉はあたしには難しく、作品によってはなかなか情景が浮かんでこないものもあったかな。総じて面白かったけどね。次は下巻さ。
★6 - コメント(0) - 2015年7月9日

感想・レビュー投稿者

217冊/81568ページ/女性/営業・企画系

Nozomi Masukoさんの最近の感想・レビュー

幻夜 (集英社文庫 (ひ15-7))
阪神淡路大震災の直後に出会った男と女。男が犯した殺人を知る女は、彼を徹底的に利用し、野心を実現してい…続きを読む
東野圭吾公式ガイド 読者1万人が選んだ 東野作品人気ランキング発表 (講談社文庫)
順風満帆ではなかった25年の作家生活。ブレイクまで10年、直木賞まで20年。ベストセラー作家だって最…続きを読む
殺人現場は雲の上 (光文社文庫)
新日本空港のスチュワーデス、通称・エー子とビー子は同期入社でルームメイトという誰もが知る仲良しコンビ…続きを読む
オトナ女子の不調をなくすカラダにいいこと大全 (Sanctuary books)
本来のカラダの力を取り戻す今すぐできる健康のコツをまとめた1冊。カラダを温める、バランスのいい食事、…続きを読む
クリーピー (光文社文庫)
大学で犯罪心理学を教える主人公は、妻と2人で都内の一戸建てに暮らしていた。ある日、刑事になった旧友か…続きを読む
犯罪の回送 (角川文庫)
北海道の北浦市市長は陳情上京中に失踪、数日後に絞殺死体となって発見される。捜査員は政敵である議員に疑…続きを読む
ログイン新規登録(無料)