アンドロギュノスの裔 (渡辺温全集)の金田誠さんの感想

「アンドロギュロスの裔」「少女」ロマンチストで現代のライトノベルの走り?こうであったらいいのになあという若き青年の思いを投影するような感じ。ちょっとした事件をちょっと甘く味付けしたやつ。自意識過剰な時代の若者には受けるだろう。もうちょっと主人公以外の人物の後ろにあるものを描いてくれれば厚みが増すのになあ。
★10 - コメント(0) - 2015年7月12日

感想・レビュー投稿者

221冊/56808ページ/男性

金田誠さんの最近の感想・レビュー

暗鬼 (文春文庫)
読みやすかったです。おおババは気が狂ってますね。色々虐げられてきたのでしょうが、その詳細な背景はわか…続きを読む
23分間の奇跡 (集英社文庫)
つかみはOKという感じですな。既存の制度を視覚的に壊す作業は子供たちに圧倒的なカタルシスを生む。疑問…続きを読む
頭痛女子バイブル
私の頭痛の原因はほとんど虫歯なので、虫歯からくる頭痛対処法が載っていてほしかった。内容は散漫で広く浅…続きを読む
インターステラー (竹書房文庫)
ワームホールに入る前のところのやりとりがもっとあればなあと思う。同次元内で離れたところを行き来するの…続きを読む
人は皆「自分だけは死なない」と思っている -防災オンチの日本人-
災害時における人間の行動心理をデータに基づいて解説した書籍。巻末に心の防災袋として、内容を箇条書きで…続きを読む
物語論 (講談社現代新書)
創作者が何を考えているかを知るインタビュー記事。創作者の練習について語られているのは、村上春樹の翻訳…続きを読む
ログイン新規登録(無料)